≫≫ 全記事一覧はコチラ ≪≪ --- RSS購読

甘い台の基準 プロの好む機種とは?何をもってして甘いというか。









 パチンコで勝っている人、専業、いわゆるプロは「どんな台を打っていますか?」

回る台、ボーダーラインプラス3回以上がよく言われる答えなのですが、

別の角度から言いますと、

「甘い台を狙って打ってます」





「??」と思われるかもしれません。

そんな甘い台と一言で言われてもピンと来ず、余計に混乱してしまいますね。

甘い台とはどういう台なのか、どんな機種なのか、どのようなスペックかが見えてこないですね。

つまり、「何をもってして甘い台かの判断をするか?」が今回のテーマです。

これには明確な基準があります。





過去の甘い台の一例



以下の機種ラインナップを見てください。

過去の機種ですが、1/250~1/400と大当り確率も確変割合もバラバラの機種です。

ひとまず勝ち負けを抜きにして、この機種に対してどのような印象がありますか?




CR牙狼 魔戒ノ花XX 導入2015年09月
CR牙狼 魔戒ノ花XX
大当り確率:1/399.6
確変率:ヘソ53% 電チュー100% ST161回転まで




CR真・花の慶次L3‐K 導入2015年01月
CR真・花の慶次L3‐K
大当り確率:1/399.6
確変率:ヘソ55% 電チュー100% ST120回転まで



CRぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟 導入2012年06月
CRぱちんこ ウルトラマンタロウ 戦え!!ウルトラ6兄弟
大当り確率:1/392.4
確変率:80%



ぱちんこCR真・北斗無双 導入2016年03月
ぱちんこCR真・北斗無双
大当り確率:1/319
確変率:ヘソ:50% 電チュー100%  ST130回転まで



CRぱちんこAKB48 バラの儀式 導入開始:2014年08月
CRぱちんこAKB48 バラの儀式
大当り確率:1/199
確変率:MUSIC RUSH突入率50% MUSIC RUSH 継続率72%



CRぱちんこ必殺仕事人IV 導入2011年12月
CRぱちんこ必殺仕事人IV
大当り確率:1/258
確変率:70%

画像:p-world機種インデックスより



パチンコは負けるのが普通なので、手放しに「この台は良かった」とは言いにくいものですが、

設置台数も多かったのでよく打った、比較的勝つ日もあった、評価は高めなど、

「そこそこ遊べる機種だったのではないでしょうか?」

これらは過去の甘い台の例です。





具体的にどこが甘いのか?



普通の方、一般的には以下のような部分を見ると思います。

・確変継続率が高いから、連チャンしやすいので

・ヘソ抽選時でも確変突入率が高い

・電チュー抽選時(右打ち時)の16ラウンド当りが100%

・電チュー抽選時(右打ち時)の16ラウンド当りの割合が多い

・確変中に小当たりラッシュで玉が増える

・通常当りでも100回の時短が付いている

・通常当りでもしっかりした出玉がある





しかし、これらが他機種と比べて甘いからではありません。

「ボーダーラインの数値が甘いからです」






話を変えて、この2機種をみてください。

CR牙狼GOLDSTORM翔 導入2017年07月
CR牙狼GOLDSTORM翔
大当り確率:1/319
確変率:ヘソ:61% 電チュー82% 187回転まで

交換率ボーダーライン
2.5円26.1
3.0円24.0
3.3円23.4
3.5円22.8
4.0円21.5



CRぱちんこ必殺仕事人V 導入2017年05月
CR必殺仕事人5
大当り確率:1/309
確変率:60% 小当りRUSHあり

交換率ボーダーライン
2.5円22.8
3.0円21.5
3.3円20.0
3.5円19.4
4.0円18.9

                   



大事なポイントは「等価交換(4円)の数値」を見て比べてください。

等価以外の数値は、持ち玉比率や稼働時間によって人それぞれ変わってくるのでここでは等価ボーダーを見ます。





・CR牙狼GOLDSTORM翔(導入2017年07月)
・CRぱちんこ必殺仕事人V(導入2017年05月)

この2機種、「どちらが甘い台ですか?」という質問には、

CRぱちんこ必殺仕事人Vの方が甘い台が答えになります。

パチンコで勝たなくてはいけない人、パチプロは基礎中の基礎で聞くまでもなく100%全員同じ答えです。





確変突入率、継続率、出玉だけを比べると、

・CR牙狼GOLDSTORM翔
ヘソ:61% 電チュー:82%
電サポ中の当りは全て16R

・CRぱちんこ必殺仕事人V
ヘソ・電チュー共:60%
確変中は1回転あたり6個増の個当たりRUSH




見方や取り方によってはガロの方が良い(甘い)と感じる人もいるでしょう。

正しい比べ方、スペックの良し悪しを判断するのは、継続率、出玉うんぬんではありません。

等価ボーダーの数値、ガロ「21.5」、仕事人「18.9」と迷うことなく仕事人の方が甘いという事です。





例えば実践の現場でこの状況に遭遇したとします。

条件:3.3円交換店

¥1000で「22回」の牙狼GOLDSTORM翔

¥1000で「22回」のぱちんこ必殺仕事人V





どちらを打ちますか?どちらが勝率が高いですか?

もう答えは簡単ですが、その内訳を表してみると、

¥1000で「22回」の牙狼GOLDSTORM翔「ボーダーマイナス0.6回

¥1000で「22回」のぱちんこ必殺仕事人V「ボーダープラス2回

(数値は概算)

一見、どちらも同じように見える台状況ですが、ここまで大きな差があるわけです。

ボーダープラス1回よりも、ボーダープラス2回の方が平均勝ち額(期待値)が大きいです。

つまり期待値が大きいと勝率も比例して高いわけです。






一般的なユーザーは「スペック」と聞くと、確変割合や出玉を見て良い台甘い台かを判断します。

確変が何%、16ラウンド出玉が多い、一撃が大きく偏りがある、演出がきれいなどは、

自動車に例えるならば「外装」の部分にあたります。

対して元のボーダーは「エンジン」にあたります。

いくらど派手なパーツやフォルムをしていても所詮は飾りみたいなもの、肝心なのはエンジンの性能です。

プロの見方は一般の方と対極に、「等価ボーダーの数値」で甘い台かどうかを比べています。





プロ間では、スペックが甘い=等価ボーダーが甘いという意味で使われます。

パチンコで収支に重きを置きたい人は、人の声に惑わされず本当の意味のスペックを見てください。






パチンコ台は生まれた時から、甘い台か辛い台かが決まっている



等価ボーダーの数値を見て甘い台か辛い台かを判別するのですが、

この等価ボーダーの数値は、設置する前に、台が作られた段階でもうすでに決まっています。

ホールもメーカーの営業から玉単価、玉粗利はいくら、スタート(回転率)がいくつなら何割になるなど、

導入前に詳細なスペックがホールもわかっています。

簡単にいえば甘いので回しにくい機種か、辛いので回して使えるかという事を事前に知っています。





では、導入前にスペックがわかっているならどうしたらよいでしょうか?

「必ず打つ前に調べる」

これは必須の作業です。

ビッグタイトルの続編が出た!と手放しで喜んで打つのはもう卒業してください。

これから勝負しようとしている相手(台)のスペックを知らずに戦うのはあまりに無謀です。

ホールもプロもスペックを知っていて、知らぬは自分だけになってはいけないのです。





今はインターネットでも探せますが、数値に差があったり、間違っているものも多くあります。

いろいろ探した結果一番信頼できるサイトで、私も10年以上このサイトを利用しています。

パチプロならほぼすべての人が利用しているほどの有名サイトです。

パチンコ情報詳細、期待値ツール・アプリも使えるので、有料ですが会員の価値は大きいです。

「パチンコ副収入のすすめ」





プロは甘い台を最優先に機種を選んでいる



甘い台かは数字で判断し、打ってみた印象や感覚で良い台かの判断はしません。

私も自分の感覚、直感、印象も必ずしも正しいとは限らないと思っています。

それほど人間の感覚というのは曖昧だからです。

ですので一番客観的に見て信用できるものは数字、一機種ごと丁寧にスペックを見て比べていきます。

ここで一つ、間違えやすいポイントがあります。





「甘い台=勝てる」と短絡的に考えてはいけない事です。

たとえ甘い台でも、回らない台(ボーダー以下)を打てば誰でもしっかり負けます!

逆に辛い台でも、回る台(ボーダー3回以上)を打てば勝率は上がります。




結局、その店の釘次第なのでは?

そう思った方はかなり鋭い視点を持っていて、その通り間違いではありません。

ただ現実の釘調整の様子を見ると少し選択が変わってきます。

ホールからすれば辛い台は、他より多少多く回せる(釘を開けられる)のですが、

「辛い台でもあまり開けていない店が多い」です。

中には回して使う優良店もありますが、ホールの懐事情も考えると致し方ないご時世でしょうか。

他の機種とたいして変わらない調整の店が多いというのが現実です。

ボーダー+3回などあるのか?と言いたくなるぐらい、辛い台でも回していないと感じます。





当然、甘い台はホールもわかっているので大きく開けにくいものです。

それでも、同じボーダー+3回を目指した場合、

辛い台でボーダー+3回より、甘い台でボーダー+3回の方が、「見つかる可能性が高い」です。

これは経験からしても、昔も今も同じ傾向ですね。




補足

例えば、パチスロで同じAタイプの2機種を比べた場合、

・ニューアイムジャグラーEX
・マイジャグラー3


設定ニューアイムジャグラーEXマイジャグラー3                
195.85%95.7%
296.70%97.9%
398.71%99.9%
4100.80%102.8%
5102.80%105.3%
6105.16%109.4%



同じ設定4の機械割部分を比べた場合、見た目やゲーム性もほぼ同じですが、

「マイジャグラー3の方が機械割が高い」わけです。

この2機種、どちらから攻める(打つか)かを選択する場合、マイジャグラー3の方が効果的になります。

パチンコの場合も、同じようなイメージと捉えてください。





パチンコのボーダーラインは、誰でも簡単にわかる¥1000あたりの回転率の他に、

.「電サポ中の玉の増減」、「大当たり中の出玉(削り)」も影響して数値が変わってきます。

参考記事:ボーダーラインは辛めに見積もるべし!公表値との差があるのが普通





等価ボーダーが辛い台でも止め打ちで玉が増える、アタッカー周りがプラス調整であれば、

ボーダー数値を下げる事ができます。

機種ごとに決まっている電サポ滞在割合(電サポ率)がバラバラなどで一概には言えませんが、

「電サポ100回転あたり80~100個減る」とボーダーは約1回転上がってしまいます。(逆に増えれば下がる)

現状、電サポ中の止め打ちで玉が増やせる機種は台の構造上難しくなっており、あっても数機種程度です。

甘いと言われる機種は、電サポ中と大当り出玉が削られやすい傾向にあるので注意してください。

新台時は電チュー周りは甘い調整だったが、年月が経つと渋くなっていくのが普通です。

目に見える¥1000あたりの回転率に加え、電サポ中、アタッカー周りも加味して判断してください。





ですので、どんな機種でも回れば打てる(ボーダー+3回以上)のですが、

実際のホール状況を考えると、どちらかと言えば甘い台の方が「まだ見つけやすい」状況です。

甘い台を言い方を変えれば、「打ち手に有利に作られている台」です。

ボーダーが甘い機種が人気機種、長期稼働機種になりやすいと私は見ています。

稼働率が上がれば、比例して釘も開けやすくなるのがホールの基本です。

手当たり次第に台を選ぶより、まず甘い台の順番から、釘を見ていくのが最も効率的な選び方になります。





専門的ですが、プロ間では電サポ中の止め打ち効果が高い台も甘い台とも捉えます。

アタッカーの捻り打ちでオーバー入賞を狙える機種も同じです。(右が甘い)

総じて「技術介入効果が高い台」も積極的に打ちます。

増やせた分はボーダーラインを下げられる結果になるので、一概に辛い台はダメというわけではありません。





ボーダーラインの数値には、「相場」がある



台も年間、数百機種発売されます。

同じ1年間に発売された中にもボーダーが21回の機種もあれば、18回の機種、23回の機種もあり様々です。

それぞれボーダーラインは決まっていますが、では「平均値はいくつ」になるでしょうか。





年代別、等価ボーダーライン数値の推移(概算)

2012 「18回」
2013 「17.5回」
2014 「17.5回」
2015 「17.5回」
2016 「18回」
2017 「20.5回






細かく計算したのでなくおおよその目安ですが、2016までは17~18回ぐらいが相場(平均)でした。

プロはこれらの相場よりも甘い台、ボーダーラインの数値が低い台を好んで打ってきました。

パチンコ業界が衰退しはじめたと世間で言われていても、まだまだ安泰の時代が長くあったわけです。

今となっては昔話ですが、私もその安泰な時代を過ごしてきたわけです。






ところが、長年17回ほどの時代が続いていたのに、2017に平均値がぐっと上がってしまいました。

これはパチプロ界ではとてつもない事件でした。

元のスペックが辛くなった事をきっかけに、2017から百戦錬磨のプロも大量に引いていきました。

現在は歴史的にも、相当勝ちにくい状況にあるのは頭に入れておいてください。

回る台を打つのはわかるけれど、見つけられるのかが困難な時代にあるという事です。





2017前後のボーダーラインの相場は、「約20.5回」です。

ひどい台は23回や、甘い台は18回もあり、かなり幅が大きいと感じます。

狙うなら18回代ですが、かなり機種数が少ないため、19回代までが甘い台です。

21回以上は辛い台の部類なので、私は敬遠しているのであまり打たないです。

打っても第3、第4候補で、狙い台にもあぶれた時に打つか迷う程度です。





2017頃は、約20.5回が相場ですので、これを基準に甘い部類かどうかを判断基準にしてください。

2017時点で、設置機種に2016以前の機種(旧台)も混在しています。

まだボーダーが18回の頃の機種なので、今となっては甘い部類です。

中古で再導入もよくあるので、結構な狙い目機種になります。

そういった意味でも、スペックを今一度改めて見直すのが必須の時代だと言えます。






台のスペックを見て、打つべきかを判断する



ガロ、北斗、ルパン、花の慶次などに代表されるビッグタイトル機種。

懐かしのアニメや好きなキャラクターのタイアップ機種もこれからどんどん派手さを増して出てきます。

負けを承知で結果に対して自分で責任が取れる人なら、おもしろそうで打つのは良いです。





パチンコに長く接してきて、いろんな状況の方も見てきましたが、

月に何十万も負けて「おもしろいからいいや」とはならないのではないでしょうか。

結局金か!と、ゲスな話ですけどね・・・

現実に、ボーダーマイナス1回と、マイナス2回では、同じ負けるにしても年間100万ほど差が出てきます。

甘い台を打つだけで、ボーダーを意識しないで打った人でも負け額が抑えられる結果になります。

「遊べる」という言葉にしても、ある意味負けにくい事とも言えそうですね。





等価ボーダーが21回の機種は、3.3円交換店であれば最低でも¥1000で24~25回以上はないと打てません。

最近は、電サポ中に増やせる機種が極端に少なく、減るのを加味すればので24回では足りないです。

であれば、等価ボーダーが19回の機種で、¥1000で23回を探す方がまだ見つけやすいです。(大変だけど)

それだけ元のボーダーが高いと、回る台を見つけるのは至難の業です。





確かにホールの調整次第になりますが、たとえわずかでも打ち手に有利に作られている台(ボーダーが甘い)を、

積極的に狙っていくだけでも、勝率UPに大きく貢献します。

まずは、機種ごとのボーダーを一覧で把握することを強くおすすめします。

スペックを知るという事は技術もいらない、知識だけの話ですがかなり重要なポイントです。

「これも勝つための努力の一つです」





設置機種は、どこの店でもたいして変わらないので初めて行く店でも事前に打つ台を絞れます。

グランドオープンやリニューアルオープンで、狙い台をかなり絞ることができます。

なぜ真・北斗無双(2016年03月)が、古いのにイベント時に満席でプロっぽい人ばかりかがわかると思います。

ぱちんこCR真・北斗無双 導入2016年03月





確変突入率、継続率、大当り出玉などが「台のスペック」と一般的に思われています。

これらが高ければ、多ければ良い台、甘い台と言われています。

繰り返しになりますが、これは違うというより、これを基準に甘いかを判断してはいけません。

みんなが言ってるから、みんなと同じ思考では投資(パチンコ)の世界では生き残れません。





ボーダーラインに対して、プラス何回を平均して打ったかで収支が変わってきます。

パチスロなら設定3(機械割100%)に対して、どれだけ良い設定を打ったかです。

だからこそ、ボーダーラインの数値を基準にしないといけないのです。

今一度、スペックが甘いとはどういう意味か復習してみてください。

そして勝ちに重きを置くのであれば、必ずスペックを見て打つ事を心がけてください。

「パチンコ副収入のすすめ」:詳細なスペックを掲載





一見、どれも似たようなパチンコ台ですが、

派手な飾りとは裏腹に、中身は機種ごと驚くほど違いますから。

「見た目より中身です」











<皆様へのお願い>
応援してくださる方、こちらのバナーを押していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 パチンコブログへ
パチンコの台選びや楽しみ方のヒントになる記事をご用意していますので、ブックマークよろしくお願いします。
疑問やわからない事、ご質問などありましたらお待ちしております。  


記事のタイトル一覧から探せるのでオススメ!
----------------->> 全記事一覧はコチラ <<-----------------



スポンサード リンク

ごあいさつ

元店長:まつたけ侍

前職はパチンコ店の店長
経験を生かし?パチプロに。

・ビギナーからプロまで
・パチンコの裏も表も暴露
・内容の濃い情報にこだわる

「もっとパチンコを知りたい」
「パチンコは勝てるのか?」

パチンコで必要な知識、立ち回りをすべて公開!
オカルト、嘘情報は斬り捨て。
他では手に入らない情報満載!

幅広いパチンコファンすべてが満足できるような、
「本当に役立つパチンコ情報」サイトを目指します。 債務整理

カテゴリ別

全記事一覧はコチラ

最近の記事

最新コメント

リンクについて

リンクはフリーです。 どのページもリンクに追加できます。
記事の転載はお断りします。

このブログをリンクに追加する


只今「相互リンクのみ」一時休止中です。 再開次第告知します。

amazon

計量カップ 最安値


パチンコグッズ

楽天市場

ランキング