≫≫ 全記事一覧はコチラ ≪≪ --- RSS購読

寄り釘をなるべく簡単に、早く見極める。









 今回は釘を覚えていく中で、「寄り釘」に絞ってお話します。

寄り釘とは字の通り、ヘソへ向かう玉または向かわない死に玉を調節する重要な釘です。

釘を語れば奥が深く、これだけの文章では足りないものです。

ここではなるべく簡単に早く覚えるため「合理的な寄り釘の見方」としてお話します。





一般的に寄り釘といえば、盤面左側にある釘すべてを指します。

今回は寄り釘の中で最も重要な部分、風車(ふうしゃ)付近に絞って解説します。

言い方も「風車上」、「風車付近」、専門用語なら「逆八釘(ぎゃくはちくぎ)」と様々です。

単に寄り釘といえばこの風車上を指すことが多いです。

場所は「液晶の左にある風車の部分」と覚えれば大丈夫です。

メーカーや多少の配列や形が違えど、パチンコ台ほぼすべてに同じものがあります。(一般的なデジタル台)

2015052107.png




風車上の事を、ここでは寄り釘という言い方でお話します。

まず、寄り釘を覚える前に物理の質問です。

下の図を見てください。

川を上から見た図になります。
2015052101.png

勢い良く水が流れているところ、流れを遮るよう川の真ん中に岩があるとします。

答えは簡単、水は岩にぶつかりふた手に分かれて流れます。




2015052102.png
ポイントはふた手に分かれたそれぞれの「水の量」です。

岩は川のど真ん中にあるので、「左へ流れる量と右へ流れる量は同じ」ですね。







2015052103.png
では、岩の位置が少し左へずれていればどうなるでしょうか?

ここでも左右に水の流れる量に注目です。






2015052104.png
このように水量が変わってきます。

見方を変えると、右の方が広くなっており、左の方が狭くなっているので水量に違いができます。





2015052105.png

水をパチンコ玉に置き換えても同じ現象が起きます。

真ん中の障害物に当たりながら、何度も繰り返して統計を取れば右へ行く玉が多くなります。

逆に障害物の位置が右へずれていたら・・・・左へ行く玉が増えますね。






2015052106.png
では、パチンコの盤面に戻ります。

盤面左側にある風車付近の釘です。(図はガロ金色のゲージ)

ここで風車の向きについてです。

風車は、

「左向きがプラス調整」
「右向きがマイナス調整」

2015052109.png
これだけ覚えておけば十分です。





風車の向きは大事な部分ではありますが、わずかな違いを見極めるのは非常に難しいです。

むしろ風車のせいで寄り釘をさらに難しくさせてしまっている節があります。

みなさんには最短で釘を習得していただきたいので、混乱しやすい要素は排除します。

風車だけを見て、傾きを判断するよりもっと簡単な方法があるので後ほどご説明します。





2015052108.png
このように上から風車へ向かって玉が流れてきます。

ここで先ほどの水の流れを思い出してください。

玉は右と左ぢちらへ行きやすいか?・・・・図でもちょっとわかりにくいですね。

実際の盤面ならもっとわかりにくいものです。

ここで重要なポイント、

「風車は、ないものとして見る!」



2015052110.png
寄り釘を見る時は、このように見るクセをつけます。

普通は風車があるのでつい目がいってしまいがちですが、あえてないものとして見ます。


2015052112.png
このように赤く塗った風車上の2本、風車の軸にあたる釘で見てください。

「逆三角形で見る」のがコツです。

風車を意識してしまうと、あっという間にわからなくなってしまいます。

この3本の釘のアタマ、金色の釘のアタマに注目してください。





2015052113.png
このように見れれば、先ほどの水の流れの応用です。

逆三角形の右側が広くとられていればプラス調整となるわけです。

風車で左に行った玉はヘソには向かわない完全な死に玉になります。

右へ向かった玉のみヘソに入るチャンスがあるわけです。





2015052117.png

寄り釘の役割は、右へ75%、左へ25%のように玉の量を振り分けるためのもの。

寄り釘によって台ごとに数%、わずかな差を釘によってつけています。






風車がどう傾いていようが、この逆三角形で見た方がプラス調整を見抜きやすいです。

実際に調整をしていた立場からですと、風車をいじる事はほとんどありません。

入れ替え後の数日は多少調整しますが、それ以降はほぼそのままです。

もし普段の営業で回転率を調整したい場合は、その他(主にヘソ)の釘を調整します。

業界ウラ話で、風車を大きくいじるのは釘調整のセオリーではヘタクソな調整と教わったほどです。

頻繁にいじるとユーザーとしての想像とは違い、これは実際に働いてみてわかった事ですね。





2015052116.png
大事なのでもう一度言いますが、風車上の2本釘と風車の軸を結んだ3本で見るのです。




2015052115.png
プラス調整の例です。

図にはありますが、風車の左向きは現実には期待できません。

垂直なら御の字、やや右向きでも逆三角形の形次第でプラス調整にもなります。





2015052114.png
ありがちなマイナス調整例です。

風車はそのまま、上の2本釘で調整する店が多いです。

寄り釘の全体の形ではなく、ここでも風車の軸を見て逆三角形で見ることです。





寄り釘の配列や風車の位置は、機種によって多少違ったりするものです。

しかし基本の形は同じですので、一度覚えれば応用が効きます。






現実的な話だと、露骨に風車の向きに差をつける店は非常に少ないと思います。

「ほぼ垂直」か「やや右向き(マイナス)」が一般的です。

傾きを見て迷うようであれば「やや右向き」と見切っても良いでしょう。

あまりありませんが、左向き(プラス)であれば見ればすぐわかるレベルです。

それより逆三角形で見る方が上達への近道になります。





最近の機種は寄り釘の元ゲージ(釘の初期配置)がプラスなものが多いです。

例えば、風車の位置が初めからやや左についている等です。

右側が広くとられて当たり前の台ということです。

それを踏まえて、もっと右側が広く大きくとられてる調整を探す必要があります。






次にホールへ行ったらぜひ見比べてください。

台ごと寄り釘に大きな違いがあるのがわかると思います。

おすすめはじっくり見比べられるように、閉店前でも良しお客さんがいないシマを見る事です。

わかったと早合点した勝負は避け、負けたくなければ見るだけの方が良いでしょう。

とにかく時間をかけてゆっくりと、集中して違いを見分けられるようになる事です。





最後に少し残念なお話をしますと、

「寄り釘がプラス=回る台とは限らない」という事です。

釘は寄り以外にもヘソ、ワープ、誘導釘等、たくさんの箇所がありそのバランスで決まります。

寄りがプラスでも他でマイナスであれば、普通の回らない台になってしまいます。

今回は寄り釘がテーマですが、その他の釘も理解してようやく「回りそうかな?」と思える程度です。

時間はかかりますが、根気よくひとつひとつ理解していく姿勢が大事ですね。





ここでお話した「釘の三角形(逆三角形)」は釘を覚える上でとても重要な要素です。

なんと、すべての釘調整はこの三角形で説明がつきますので!

関連記事









<皆様へのお願い>
応援してくださる方、こちらのバナーを押していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 パチンコブログへ
パチンコの台選びや楽しみ方のヒントになる記事をご用意していますので、ブックマークよろしくお願いします。
疑問やわからない事、ご質問などありましたらお待ちしております。  


記事のタイトル一覧から探せるのでオススメ!
----------------->> 全記事一覧はコチラ <<-----------------



寄り釘をなるべく簡単に、早く見極める。のタグ: 寄り釘 風車
コメント
897: by no name on 2015/06/06 at 03:18:27

とても分かりやすいご説明有り難うございます。早速明日から実践してみます。

898:Re: タイトルなし by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/07 at 14:24:02

noname様、ありがとうございます。

回る台が一目瞭然とはなりませんが、まずは寄り釘の「違い」がわかれば少しづつ上達します。
集中して見てみてください。

899:寄り釘の不思議について by 西かぴ on 2015/06/09 at 15:26:50

まつたけ侍 様

こんにちは。今回のトピックは、収支直結のすばらしい解説ですね。
今回は2つ質問があります。

<質問1>
寄りのこぼしについて、店が平均Bマイナス2にしたいなら、平均すると25%ぐらいでしょうか?

もちろん、総合的に調整するのでしょうが、寄りをこぼすのが店としては計算しやすいですよね。

私が通うホールでは、寄りはときどき動かしてくるので、釘を見て凡その流れをイメージして、実際に打ってみて、仮説を検証するトライ&エラーで試し打ちを少しでも節約しています。
近所のホールでは、100玉につき、15から40ぐらいこぼれるイメージです。
なお、私の場合、へそがきつくても、ワープが閉まっていても、寄りがこぼれない調整が好みです。


<質問2>
ちょっと前置きです。

私は基本的にぶっこみから打ち始めて、へそへの寄り具合、へその絡み具合をみて、少しずつ弱くしていくのですが、だいたいどこかでベストストロークがみつかります。
ところが、どうあがいても、へそに寄り付かない台が存在します。強く打つと飛び越えて、弱くすると届かない、その中間ではぼろぼろこぼれる、そんな台を、寄りのこぼしとベストストロークが波動があってしまう悪魔の釘と呼んでいます。
へそがどんなにがばっと開いていようが、寄りでこぼれてしまうので、打つ手なしです。この現象は、試し打ち繰り返しているときに発見したのですが、勘違いかもしれませんね。

ここで質問です。
玉の流れに波長があうあわないがありませんでしょうか?


以上、お手数ですが、ご教示お願い致します。

900:質問です。 by マコト on 2015/06/10 at 00:33:06

はじめまして。
いつも参考にさせていただいています。
私はパチスロ歴2年目の初心者です。
はじめはガロや北斗などMAX機を主に好んで打っていましたが、最近収支をつけてみると毎月とんでもない額を負けていた事をリアルに思い知りました。現在かなり勉強不足ではありますが、閉店前2時間のジャグラー設定狙いで立ち回る事にして、ここ3ヶ月の収支はほぼプラマイ0です。
期待値は一月3万円ほどあるはずなのですが、なかなかうまくいきません。
ノーマルタイプ以外はよくわからないのこわくて打ってませんが、今後どのようにすれば収支をあげられるでしょうか?
大雑把な質問で申し訳ありませんが、よろしければアドバイスお願いします。

902:Re: 寄り釘の不思議について by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/11 at 13:32:04

西かぴ様、ありがとうございます。

>寄りのこぼしについて、店が平均Bマイナス2にしたいなら、平均すると25%ぐらいでしょうか?
おそらく30%ほどだと思います。
実は釘を作る側は具体的な数字(振り分け率等)を把握してないです。
今は元ゲージが高交換率向けになっており、ほぼそのままでも寄り全体で3割ほどこぼれます。
元ゲージで20回ぐらいになっているので、後は微調整するだけです。

今の釘調整の裏は、びっくりするぐらい超手抜きです。
この問いに答えられる店長もおらず、私も把握していなかったので・・・
玉の振り分けや流れをを緻密に計算し、目標の回転率に正確に叩ける人でなくても務まってしまうものです。
実際の釘調整の裏もまた記事にします。


>玉の流れに波長・・・
あると言えばあるような、ないような難しい質問です。
一般的には寄りが悪いの一言で片付けられてしまいがちです。
玉の動きも「確率」を当てはめると、前回の玉の動きに影響を受けないものとして・・・
玉1個の動きも、他の玉などに影響を受けない独立した確率現象といったところでしょうか。

おそらく盤面には店が意図しない、微量の静電気も流れてると思います。
「何か」が定義できませんが、何か影響もあるかもしれません。
私も同様に案じた事がありますが、答えが見つからない無間地獄になりましたね。

903:Re: 質問です。 by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/11 at 21:06:01

マコト様、ありがとうございます。

私もパチスロはそこまで詳しくないので、かなり大雑把になってしまうのでご了承ください。
閉店前2時間のジャグラー設定狙いでプラマイ0という事は、平均設定4ぐらいを打っています。
感情や自信が入ると、本当は設定5、6しか打ってないのになぜか勝てないと思ってしまいますが間違いです。
ここは、自分は今まで平均設定4を打ってきたと解釈するようにします。

以上を踏まえて、勝ちたい=設定5、6しか打たない事になります。
ご存知の通りパチスロはいかにして「高設定を打つ」かに懸かってきます。
具体例として、家から近いからより「行く店を見直す」
・勝っている(プロ)人が多い店
・ジャグラーを強く推している店
・夕方には空き台が少ない混んでる店

普通こういった状況の店には行く気が起きませんね。
しかしプロが多い=高設定が多い、とも言えます。
取れる取れないは別として、高設定が多く見込める店に身を置くのは大事です。

ジャグ専門の方に聞いたところ「台データを多くとる」
・出玉推移グラフ
・BB、RB回数、差枚数、総回転数

行き当たりばったりの過去3日程度ではなく、まず1ヶ月など「全台分」。
台データ情報サイトや、データロボの画面を撮影したりして集めます。
エクセルや紙でも、数字を見えるようグラフでも良いです。
一定期間で例えば差枚数が-5000枚になり、次に設定が入るならココと絞れるようです。

打たない日も競馬のように、本命台を予想し結果を見るの繰り返し。
かなり大変ですが、私の店長体験から設定変更は長期データを見るので理にかなっています。

「他者の立ち回りを参考」
ジャグラー専門のブログなどかなりあるようです。
収支をあげているので具体的な立ち回りは参考になります。


まだ他にもあるのですがとりあえずすぐできる事からです。
機種選定も競争率が高く、リスクも高いAT機よりジャグラーが良いと思います。

905:御礼 by 西かぴ on 2015/06/12 at 01:33:03

まつたけ侍 様

ありがとうございます。

基本ゲージそのままで30%こぼれるのは妙に納得です。

>答えが見つからない無間地獄
はい、私もこれにはまりそうになって、質問してみました。
「寄りが悪いの一言で片付け」たいと思います(笑)
基本に戻って、回転数数えて、ボーダーとの比較でペース配分するのが、大切ですよね。

本編とあわせて、勉強になりました。ありがとうございます。

逆八と風車の3角形を基本に玉の流れを見ることで、マイナス調整の万年釘を見つけるのに役立ちました。
水の流れのイメージは実践でもさっそく取り入れてみました。


さて、ここ2カ月の私の稼働ですが、グランド、本格リニューアル、そして私の技量アップもあり、B+2をキープして、収支も好調です。
エンディングボーナスも半年ぶりに見ることができました。
かなりスペックに勝利しているのですが、損小利大を実感(深く嵌っても小さな傷まで回復するケースが多かった)し、トータルで十分なプラスになっています。

<5月から6月の金色牙狼実践データ>
総回転数      18142回転
トータル大当り回数 215回
トータル確率    84.4

906:収支の収束について質問です by タックル on 2015/06/12 at 17:10:35

いつも分かりやすい説明ありがとうございます。勉強させてもらってます。

パチンコ歴1年ほどの初心者ですが、収支の収束について質問があります。このブログを読んでからボーダーを意識して打つようになりましたが、収支がマイナス続きで、心と財布が折れそうです。

データが一部正確ではありませんが、以下のような収支です。

打ってる台:エヴァ9 フルスペック
お店:1玉4.16円 等価交換
平均回転数:約18.5/1K 円
総回転数:10000回転ほど(正確に数えれてませんm(_ _)m)
平均連荘数:2.96回
収支: -447K 円

この収支はまだ、ムラのうちなのでしょうか?

アドバイス頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

909:Re: 収支の収束について質問です by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/13 at 02:50:49

タックル様、ありがとうございます。

一目見てかなり理論値を下回っていますね。
一応、期待値(確率通りに当っていた場合)を計算してみました。

(4円等価、突確は除外、数値は約)
平均回転数:約18.5/1K
総回転数:10000回転
大当たり回数:117回
初当たり回数:26回
期待収支:+¥73700


理論値の大当たり回数が117回、実際の大当たり回数77回(平均連2.96回)なので40回ほど足りてないです。
約34%理論値から乖離(かけ離れている)しています。
ありえなくはないですが、かなり厳しい数字なのは事実です。

目安として50000回転ほどで乖離率+-10%の範囲に収まるか・・・と言われています。
もちろん確率なので絶対とはいえません。

アドバイスとしては、厳しい言い方ですが「回転率が足りない」です。
この条件ですと最低でも約20回(B+2.5ぐらい)ないと危険です。
簡単に20回など見つからないですが、負けたくないパチンコなら厳守のラインです。
ボーダー付近の回りだと収支も勝率も不安定です。

良くないのは収束するはずとムキになって、さほど回らない台なのに追う事です。
確率負けしている機種を打ちたい気持ちはわかりますが、回らない台では更に負ける恐れ大です。
現実的に、エヴァ9はおそらく新台が出ますので撤去候補になると思います。

私も30%ほど当りが足りない、収束しない機種は山ほどありました。
現実は釘も渋いまま、収束より撤去が先でした。
エヴァも回る釘が期待できないなら、いっそ諦めるのも良いと思います。
リニューアルやイベントなど旧機種も開く時だけ打つのが賢明です。

少し厳しい内容になってしまいました。
私は収支額はもちろん平均連4.5回なのに平均連2.96回、これまでの展開が痛いほどわかります。
普通なら我慢の限界、長い間耐え続けていたのだと思います。

確率は不安定なもので理不尽な結果も往々にして起こります。
ハマリや継続率はどうにもできないですが、もう少し回る台なら安定は少し望めます。
理想の回転率などなかなかないのが今のパチンコです。
それでも打つからには、回る台を妥協せずがんばってください。

910:すごく by 専業初心者 on 2015/06/13 at 20:58:53

わかりやすい、記事でした。
命釘の調整を見て試し打ちを繰り返して、回る台を探していていた自分にとっては、新たな武器となりそうです。
ありがとうございます。

911:Re: すごく by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/15 at 22:16:03

専業初心者様、ありがとうございます。

釘はその他とのバランスが大事です。
ひとつずつ微妙な違いをマスターして頑張ってください。

913:記事とは関係ないですが by 初心者 on 2015/06/20 at 12:54:12 (コメント編集)

最近、ホルコンというものを知り、主さんがよろしければ、ホルコンによる出玉管理についての記事を書いていただけると嬉しいです

915:Re: 記事とは関係ないですが by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/21 at 01:02:57

初心者様、ありがとうございます。

ホルコン=ホールコンピュータと言います。
デジタルの回った回数や当り回数、¥1000でどのくらい回ったか、電サポ中の増減など・・
台の詳細なデータを一覧で見れる機械です。

データを集めるだけの機械ですが、これが出玉を遠隔操作できるものという根強く信じる人が多いです。
ありのままの真実を書いても、ホルコン=遠隔、炎上必至で納得しない人はしないですね。
純粋にどういうものか知りたい人向けに記事にしようと思います。

916:記事面白いです by 大根役者 on 2015/06/22 at 09:24:23 (コメント編集)

パチンコを始めたばかりの初心者ですが、面白い記事が多く、じっくり読ませていただいています。
風車周りの釘の見方、とても参考になりました。ヘソとともに見ていこうと思います。

記事とは関係なくなってしまいますが、初当たりが表示されている大当たり確率に対して大きくハマってしまうことが多く辛いです。1/99なのに400回や、1/399での1000回など。プロの方から見たら鼻で笑う程度のハマり方かもしれませんが、ボーダーを越えている台ならばハマってでも打って正解ですよね?なにぶん初心者なもので、ハマると不安になってきます。

918:Re: 記事面白いです by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/24 at 23:49:04

大根役者様、ありがとうございます。

>ボーダーを越えている台ならばハマってでも打って・・・

確かにそうですが、「ボーダー+3以上」ならの条件付きです。
+2でも打つ方もいますが、始めたばかりであれば私のオススメは+3以上です。
+1回やボーダー丁度であれば、打つ価値はないと見切りましょう。

大きくハマってしまえば、その日の収支は負けなのは仕方ない事です。
ハマリは避けられないものと割り切り、ハマる時は回る台と持ち玉で凌ぐイメージです。

ボーダー+1程度で妥協して打つのに慣れると、トータルで大負けもよくあります。
理論はわかっていても、収支マイナスの人はこのケースがほとんどです。
最初が肝心ですので、打つならとにかくボーダー+3以上ですね。


920: by ティピカ on 2015/06/25 at 23:33:17

こんばんは
いつもお世話になっています

仕事終わりに実践をするのですが、
稼動できる時間が4時間程度です。

プロの方は平均8〜10時間稼動されると聞きます。

私の場合はプロの方の約半分程度。

一ヶ月で収束させるところを
私の場合は2ヶ月かかる。

この考えを元に1日4時間でもいいからボーダーを上回っている台を稼動しても大丈夫ですかね?

2ヶ月かかってもいいので勝ちたいです。
収束を早めるため、甘デジかライトミドルを中心に稼動を考えています。

922:エクストラボーナスとは by エッグマン on 2015/06/26 at 20:31:48

すんませんエクストラボーナスって何ですか?
北斗6でバトル負けして無双モードいった瞬間エクストラボーナスの16ラウンドに入ったんですけど、復活演出じゃないですよね?
ルパンとかでもたまにあります
メーカーからのサービスとかオマケみたいなもんですか?

923:Re: タイトルなし by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/27 at 21:50:07

ティピカ様、ありがとうございます。

打つならボーダー+3以上、ないのなら打たないで帰るぐらいの覚悟が必要です。
確率の収束には膨大な回転数(数万)が必要と考えてください。
もちろん大きなブレもなく推移する人もいれば、長い期間マイナスにブレる事もあります。

理論値より10~20%当りが偏るのが普通です。
例)理論値では大当たり200回、実際は170回=「-15%」当りが足りない。

下ムラに目を向ければ、ボーダー+1程度では当りが-5%足りないだけで数十万の大負けです。
ボーダー+3あれば-10%ぐらいまではマイナス収支にならず耐えられます。

打てる時間が少なくてもとにかくボーダー+3以上です。
機種は確率の高い甘デジがオススメですが、大きく回す店が少ないのがネックです。
MAXは回す店もありますが、収束には時間がかかるのでバランスで選んでください。

925:Re: エクストラボーナスとは by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/28 at 01:18:30

エッグマン様、ありがとうございます。

たまに演出の一部でありますね。
内部的には16R当りなのでバトル勝利=16RGETとなるのがほとんどですが、
わざわざバトル敗北演出を出して終了と思わせ・・・と、オマケっぽくしている感じです。
得したように見せているだけで、しっかり大当たり振り分けに含まれていますね。

926: by 大根役者 on 2015/06/29 at 18:32:51 (コメント編集)

こんにちは。
返信ありがとうございました。

先日最初の1000円で連チャンし、確率の収束を実感しました。が、その台は回転数を数えたらボーダー以下だったのですぐにやめました。回らない台で勝ってしまい、こういう事が続くと回転数に意識が行かなくなる人もいるだろうなと実感しました。

そこで質問なんですが、回転数を数えている最中に当たったら、電サポ終了後にまた数えればいいんですよね?

927:Re: タイトルなし by 元店長:まつたけ侍 on 2015/06/30 at 07:32:40

大根役者様、ありがとうございます。

そうですね。
持ち玉になると¥500~¥1000分(125玉、250玉)がわかりにくいので注意です。
ある程度、平均が見えてきたら続行か判断です。

1016:単純な質問です。 by ごっつええ感じ on 2015/08/16 at 00:31:27

知り合いから聞いた話なんですが
基本的に釘はいじってはいけないと
聞いたのですが…
メーカーから送られてきたまま
使わないと摘発の対象になると…
その辺はどうなんですかね?
逃れるために警察が入る前日に
釘を正常位置に戻してるなんて
話も聞いた事があるので…

1018:Re: 単純な質問です。 by 元店長:まつたけ侍 on 2015/08/18 at 23:10:07

ごっつええ感じ様、ありがとうございます。

厳密に言えば、釘を変える際は警察に申請を出さなくてはいけないです。
ただし、釘は玉が当たり続けるので徐々に下がったり曲がったりしてきます。
いつも正常な遊技ができるよう、釘の直し(メンテナンス)は認められています。
日々の調整は、メンテナンス名目でしているのが現状です。

玉が絶対に通らない箇所、調整もNGです。
新台の釘も同様に盤面全体をチェックして直します。

出玉や売上を調整するための釘調整はしていないのが建前ですね。
本音は全国のパチンコ店で釘調整は当たり前のように行われています。
警察も釘調整に関しては黙認しています。(換金も)
叩けばホコリがいくらでも出る、ここまで法的にグレーな業界は珍しいです。

いずれ国がパチンコは違法と認め、合法なカジノに移行するのではと思いますね。

1061:寄り釘は見た目? by 西かぴ on 2015/09/18 at 03:00:44

まつたけ侍 様

こんにちは。
どうしても愚痴をこぼさないとやってられない出来事がありました。

地元で1300台の大型グランドオープンがありました。
出来立てのビルで新装開店です。

寄り釘がこぼれる調整で、へそも閉じていました。
うそでしょ?とおもいながら、4千円試し打ちしました。
12万円準備して、一日打つつもりだったのに、とにかく遊戯を止めました。
打ったのはキャプテン翼で、このゲージはファイナルやZERO含めて10万回転以上打っているため、もっと自分の見る目を信じてもよかったのですが、それでも見極めに4Kも必要としてしまいました。
呆然として、気持ちを切り替えることができず、迎え撃つライバル店が本気のB+3以上の営業をしていたのに、他人が大量出玉を獲得するのを5時間ぐらいうろうろ眺めていました。本当によく回っていました。
今日、自分の中の何かが崩壊しました。

牙狼新台の抱き合わせで数合わせのキャプテン翼かもしれませんが、グランド1週間ぐらいはボーダー超えるという先入観がありました。
8月の600台ホールの新装開店はB+3以上が4日間続きました。

しつこいですが、駅前の新規GOPですよ、客はどしゃぶりの雨の中たくさん集まっていましたが、グランド初日の6時に空き台があるなんて、初体験です。
さすがに、ギャンブラーの多い地区なので、ちゃんと迎え撃つホールも複数存在して、きっちり釘だけを判断基準に打つ人たちがいるんで、安心はしましたが、大型のGOPは需給がくるってまじめに営業してる中小のホールが煽りを食って、もう客がいなくても締めるしかなくなってしまうと予想しています。
ほんとうにいらない新装開店だと思うのですが、軍団対策か何かなのでしょうか?
スロットも、正確にはわかりませんが、見た感じ出ていなかったと思います。

今月は試し打ちしかできていないんです。
何故ならどこも今日の迎撃のために渋い営業を続けていたので、とても打てる状況ではありませんでした。
だから、今日は非常に楽しみにしていました。
そして今日、ライバル店はきっちり開けてきていました。
セオリー通り、露骨に真っ向勝負です。
なのに、新装開店ホールが締め切っていて、状況判断ができずにうろたえてしまいました。
何度も何度も釘を確認して、他人が打っているのを数えて、自分が間違っていないことをひたすら確認していました。
そんな暇あったらライバル店で空き台待ちしてればよかったんですよね。
切り替えてライバル店で素直に打てなかった自分の技量の低さ、開いてる台を指をくわえてみていた未熟な自分に腹が立っています。
※エヴァ10で55箱別積みしている光景は眺めていて爽快でした。

1300台で期待値2万円以上で調整したら粗利マイナス3千万円、開けられるわけがないのかもしれませんが、それを用意するのが新装開店と思ってました。
どこも新装開店はボーダー割ることだけはなかったので、期待しすぎていました。
明日から切り替えて出直しです。
情報も予測も重要かもしれませんが、判断基準はただひとつ回転率を計測するのみ、自分の目だけを信じていきます。

寄り釘とワープとへそ釘がほぼすべてと思いますが、そんな単純ではないような気もしますし、わけわからなくなりました。
どうせ近くで打っているので、釘のチェックだけはするつもりですが、よほど見た目が改善しない限り、このホールでは打つことはないでしょう。
このチェーンは無理、というのが強烈に刻み込まれました。

業界ナンバーワンチェーンが年間通しての分配率は一番なのかなと思ってしまいました。
釘も一律調整で、数字のイベントの名残の日や今日みたいな対抗措置で見た目はっきりと開けてくるので、だまって打てということなんですね。
そんな日だけ打つというのも、店しだいの受け身の立ち回りで、負けないパチンコって、つまらないものですね。

今月は新台の獣王2が楽しくて、あの音楽聴きたくて、サバチャン即死連発で、毎日負けてます。
ただ、数少ない良釘の牙狼で爆出しして、今月もちょっぴりプラスです。

1066:Re: 寄り釘は見た目? by 元店長:まつたけ侍 on 2015/09/22 at 00:41:09

西かぴ様、ありがとうございます。

グランドオープンは鉄板というセオリーも怪しくなってきましたね。
個人的な意見で、深読みや思いすごしもあるかもしれませんが、
最近は事前に会員カードを作るところが多いので、近隣の方、県外の方の割合は把握してるはずです。
店側からすれば今後の稼働につながらない開店プロは、招かざる客ともいえます。
もしかすると、そんな対策があった?かもしれませんね。

GOP時は、B+1~2回でイマイチでも、落ち着いた1週間後には開けるとか??
資金の使い方が昔よりシビアなはずなので、後日偵察も良いと思います。
確かにグランドオープンは地元の方以外が多い印象です。
時間や労力をかけたのにガッカリですね、心中お察しします。
現在のパチンコは店が開けてくれるのを待つような、ユーザーは受け身になっているのは否めません。

1069:Re: 寄り釘は見た目? by 西かぴ on 2015/09/22 at 14:29:57

まつたけ侍 様

ありがとうございます。

グランドから1週間経ちましたが、立ち回りが下手なので、あちこちのホールでボーダー割れの台ばかり打ってます。

気分転換に隣町に遠征して、ラッキーパンチが当たって勝つには勝ちましたが、内容の悪いプラスです。
試し打ちを慎重に繰り返し、渋ければ移動するルールだけは何が何でも厳守で実践しています。

ボーダーマイナス5から8の調整って、お盆でもこんなことはありませんでした。
そんな状況では近寄らないのが正解なんでしょうね。
見に行って帰ってくるつらい日々です。
様子見が一番難しい決断です!

グランドオープンのホールも念のために友人と一緒に打ったりしたのですが、牙狼で2千円で20回転、たとえ下ムラでも、一瞬で切り捨てるべき台であることを、わざわざ身銭で回してみて、白黒つけました。
新台のエヴァ10がK14回転であることも確認して、このチェーンは本当に経営が苦しいんだということでお互い納得して、見切って寿司屋へ行きました。
結局、伝説??のグランドオープンで一度もボーダー超えることなく会員カードを捨てました。

なりふり構わぬ引き締めに、パチンコ店は想像以上に利益の出ない業態になっているのかなと推測します。
立地をうまく活用するグループ経営が求められるのでしょうね。
個人的には、パチンコ屋って駅前の1FやB1Fに綺麗なトイレという安心感があるので、懐の深い発想の複合ビルにするのがいいと思ってます。
パチンコ専用タワーというのは時代遅れでしょうね。
浅草で松竹とマルハンが開発中の、2年以上一向に開発が進まないエンタメビルは楽しみにしています。

今月は今年一番回さなかった月となりました。
6千回転しか打っていないので、このままパチンコ止めるのもありかななんて、できもしないこと考えてます。

トラックバック
トラックバック送信先 :

スポンサード リンク

ごあいさつ

元店長:まつたけ侍

前職はパチンコ店の店長
経験を生かし?パチプロに。

・ビギナーからプロまで
・パチンコの裏も表も暴露
・内容の濃い情報にこだわる

「もっとパチンコを知りたい」
「パチンコは勝てるのか?」

パチンコで必要な知識、立ち回りをすべて公開!
オカルト、嘘情報は斬り捨て。
他では手に入らない情報満載!

幅広いパチンコファンすべてが満足できるような、
「本当に役立つパチンコ情報」サイトを目指します。 債務整理

カテゴリ別

全記事一覧はコチラ

最近の記事

最新コメント

リンクについて

リンクはフリーです。 どのページもリンクに追加できます。
記事の転載はお断りします。

このブログをリンクに追加する


只今「相互リンクのみ」一時休止中です。 再開次第告知します。

amazon

計量カップ 最安値


パチンコグッズ

楽天市場

ランキング