≫≫ 全記事一覧はコチラ ≪≪ --- RSS購読

「負けを認める日」あなたの価値は絶対変わらない









 私が最近始めた将棋について、とても考えさせられる場面に遭遇しました。

公民館での将棋教室、子供からお年寄りまで年齢層は様々です。

私は初めて参加したので、小学校4年生ぐらいの男の子同士の対局を何気なく見学していました。





局面は自分があと1手指して、相手の手番で即詰み(負け)が確定している状態。

将棋はどちらが先に相手の玉(王様)を取るか?のゲームです。

つまりどうやっても負けが決まっている段階です。

将棋は、お互い「お願いします。」と一礼して始まり、

負けた方が「負けました。」と発声して、勝った方が「ありがとうございました。」と言い、

最後に両者頭を下げて対局が終わります。





この負けの側が自ら「負けました」と言うのが珍しい競技だと思いませんか?

一般的にどんな競技でも、決着時には審判やレフェリーがいて判定をするものです。

礼に始まり礼に終わる、武士道に通ずる部分で、私がとても魅力に感じるところです。

どう指しても負けが決まった場面なので、あとは負けましたと言うのを待つ段階。

ところが、その男の子(負けの側)は、何も言わず下を向いたままなのです。

穏やかで優しそうな相手の子も、瞬きを何度もしながら何も言えず困惑気味。

両者沈黙のまま対局が止まったままになっていました。





しびれを切らしたのか勝ちの側の子が震えるような小さい声で「次で詰みだよ・・・」と言いました。

すると負けた側の子が突然「あああああーっ!」と大きな声で叫び、床をドンドン手足で叩き出しました。

室内は騒然、予想もしなかった展開で慌てて私と先生も駆けつけました。

体を押さえつけてる間に、なんと相手に向かって駒を投げつけました!

泣きわめきながら次に飲んでいたペットボトルまで投げつける!

「ふざけんな!ふざけんな!」とまで相手に罵声を浴びせる始末。

すぐにお母さんらしき人が外に連れ出していきました。

手を引っ張られながらも相手に向かって「おい!、かかって来いよ!」と叫びながら。

小学生とは思えない言葉、怒りと憎悪に満ちた表情は強く印象に残っています。






言われた子も泣きながら先生が別室に連れていきました。

その後、みんなで散らかった駒やテーブルを直しました。

中には本来無関係であるはずの子も、あまりに衝撃的な出来事に泣いていましたね。

そして物を投げつけられて泣いてる子を慰めるために声をかけました。

私「怖かったね。大丈夫?」

子供「・・・。(泣いたまま)」

この後にどのような声をかけたら良いのか・・・言葉に詰まってしまいました。

このようなショッキングな出来事の時、大人の対応次第で子供の人格形成に影響を与えると思います。

「みなさんなら、どんな言葉をかけますか?」






「ああいう子とはもう遊ばなくていいよ」など、頭でいろいろ考えました。

つまりそんな子に対して拒絶する事です。

一度悪とみなした人間はもう相手にしない、無視するのは無言の報復ともいえます。

同じ人間でありながら人を値踏みする、見下す事を覚えます。

つい言ってしまいそうですが、これはどうしても違うと思うのです。

考えたあげく一番当り障りのない、その場を取り繕うだけの「気にしなくていいよ」と言おうとした時・・・





ふり絞るように声を詰まらせながら、

「ま、負けた気持ち・・・、わ・・か・るから・・・」

と、言ったのです。






予想もしてない言葉にハッとなりました。

自分に非がなく、いわれのない侮辱を受けたのにもかかわらず相手をとがめないという事。

負けた時の悔しさや憤りは自身が経験してるのでよくわかっている。

相手の立場に立った、気持ちを尊重する思いやりの言葉です。

こんな大人な対応ができるとは、なんて心優しい素晴らしい子なんだろうと。

将棋も結果として勝ち負けが決まる厳しい世界です。

勝つことが求められるものの、実際は負ける事の方が多いですから。





この気持ちには心を打たれました。

大人でもなかなか言えない言葉ではないでしょうか。

こちらが悪くないのにやられたらやり返すのが当たり前だ!という人もいるでしょう。

将棋は勝っても相手の前でガッツポーズして喜んだり、勝利の声を上げたりはしません。

同じ勝ちたいという志(目標)を持った対戦相手に「敬意」を持っています。

負けた相手に追い打ちするような(そんなつもりがなくても)無礼な言動はしないのです。

お互いが全力でベストを尽くした勝負、その上での結果ですから健闘の友です。






負けた方の子供の行動、言動はどう思いますか?

負けた相手に物を投げたり、八つ当たりするのが正しいか行いかは説明するまでもありません。

ただ一方的に分別のつかないバカな子供と一蹴するのは簡単です。

誰でも感情に振り回され冷静さを失い、突発的に良くない言動をしてしまった経験はあると思います。

負けを認めたくない一心で、相手を傷つけたり、人のせいにしたり、自分を正当化したり・・・





一度の失敗でダメな子の烙印を押してしまうのは、その子の将来はどうなるでしょうか。

やってしまった事よりも前に、そのような行為に至った「気持ちを聞いてあげる」のが大事です。

悔しい気持ち、どうにもならない気持ち、大人であれば多くの経験を積んだ分わかると思います。





しかし、勝つ事がすべてで正義、弱いから当然の結果と教えるのはどうかと思います。

とにかく他者に勝つ事にこだわり、負ける事は恥であり許されないという強迫観念に縛られ続けます。

年収、容姿、権力、資産などすべてにおいて他者より自分が勝ってないといけない。

しかも競争相手は「1(自分)対70億人(全人口)」です。





将棋に限らず実際に勝って学ぶ事よりも、負けて学ぶ事の方が多いです。

人格者、成功者と呼ばれる人たちはほぼ失敗がベースとなって現在の立場を築いています。

あの時こうした方が良かったな、自分では自信があると思っていたけれど思い込みが強かった、

あの人にはまだ力及ばず、ここが自分の弱点かと気づかされたりと。

迷って壁にぶつかって間違いを認め、良い意味で普通の人と同じなんだと思ったりしました。

部下に怒鳴ったりキレたりする経営者は、昔はいましたが淘汰されていくのでしょう。





自分の負けや失敗を認められるというのは、どんな相手にも敬意持って接する事ができる。

負けた相手に気持ちを汲みもせず、見下しつばを吐きかける行為をどう思いますか。

お互いが尊重しあって、自分を高められる関係、良い意味でのライバルになれます。

もしかすると途中で自分には向いていないものかなと気づく事だってあるでしょう。

無理にしがみつくぐらいなら、方向転換したって良い、これは「意義ある撤退」で負けでも何でもありません。

すべては「負けを認めたからこそ」見えてくるものです。





逆に「負けを認められない」と辛い日々を送る事になります。

人より勝つ事が一番なので、常に不安や恐怖におびえながら緊張した毎日です。

現実的にすべてにおいて他者より勝るのは不可能です。

それでも自分より高みにいる人へ何とか登って近づこうとするのならまだ健全です。

しかしそれは無理だとすぐわかると、取るべき行動はただ一つ・・・

「他者を引きずり降ろす。」






自分が近づくのではなく、自分より下に相手の足を掴んで持ってくるのです。

自分より仕事ができる同期の評価を落とすため、仕事には全く関係ない陰口を言いふらしたり、

とにかく相手の粗探し、少しのミスを徹底的に叩いたり、見下すような態度をしたり仕向けたりします。

成功した経営者、テレビに出ている芸能人にまで敵意が及びます。

まだ自分が同じ業界や職種であればわかりますが、全くの無関係の人にまでです。

テレビを見てはくだらない芸人だと言いつつも見て非難する・・・矛盾してますよね。

自分が登る労力より、引きずり降ろす方が遥かに楽で優越感を得られるからです。






負けを認めらないから「悪あがき」
行動すべて私の経験談です。


私が28歳の時、22歳の同僚の女の子に突然話があると言われました。

「そういう態度、いい加減やめなよ!」って。

なんで年下の女の子にこんな事言われなきゃならないんだと、一瞬カッとなって言い返したけれど、

自分の考えている事をズバリと指摘されて黙ってしまった。

すべて見透かされていましたね。

そんなみっともない行動ばかりしていたとは、自分ではわからなかったです。

丸一日、その事をずっと考えて自分を振り返ってみて、己の未熟さに気が付きました。

言ってくれて本当にありがとうと伝えた日は今でもよく覚えています。





将棋は勝負事です。

大事なポイントは、自ら相手に対して「負けました」と言えるか?です。

「負けを認められるかどうか?です。」






将棋では最初のうちは言えない子が多いと聞きます。

大人でもこの気持ちはまんざらわからないとは言い切れませんね。

逆に勝った時に相手が目の前にいるのに、大喜びしてしまいます。

しかしそのうち喜んだりしなくなります。

自分も負ける経験をして相手の気持ちを汲み取れるようになり学んでいくのですね。






うっかりしていましたがパチンコのサイトなので、パチンコの話に戻ります。

ここまでの将棋だった部分をパチンコに置き換えてみてください。

勝った小学生の気持ち、負けた小学生の気持ちを自分だったらどうしただろう?と。

パチンコも勝負事であって、現実的に9割がた負けるようになっています。

そういう現実を踏まえて、負けた小学生の立場にフォーカスするのが良いです。






今の時代、パチンコ業界は衰退する一方です。

ただ儲けたいのではなく、ない袖は振れないほど経営が行き詰っているのでしょう。

私は将来パチンコが復活、再燃する事はないと確信しています。

どんどん渋くなっていくのは目の当たりにしてますし、崩壊も時間の問題だと思います。

今、頑張ってそこそこ遊べている人もやがては負けるようになり、勝っている人もいなくなるでしょう。

ここでいう「負けを認める日」は、日々の収支、勝った負けたではありません。

「パチンコをやめる日」の事です。





真剣に自分の気持ちと向き合って、パチンコを本当にやめる日です。

人によっては明日かもしれないですし、数年後かもしれません。

その日のために心の準備をしておく必要があると思うのです。

経験がある方も多いと思いますが、今月は何万負けてもう止めた!と思うのは所詮一時の感情です。

仮にもう打てるお金がなくなって、やめざるを得ない状況になった日もまた違います。

半ば強制的やめさせられたのでは、自分が納得できたわけではないので自分の意志とは限りません。

結局やめたつもりがお金が手元に入れば気づくとパチンコ店に行ってしまうケースが非常に多いです。

それほどギャンブルの魔力は根深く、中途半端な決意では切り離せない怖いものです。

パチンコに対して負けを認めた、敗北を認め参りましたと自分が納得できた時です。






負けを認めるのはとても勇気がいる事です。

屈辱的で悔しくて、プライドも傷ついてもう自分はダメだと思ってしまいがちです。

しかしそうやって自分を責めるのは間違いで、自分が勝手に思っているだけの思い込みです。

・過去の自分=パチンコをやっていた

・これからの自分=パチンコをやらない

つまり、パチンコをやめた・・・

「ただそれだけです」






その人の人間の価値はまったく変わりません。

とても勇気のある立派な人だと思います。

何よりも、

「自分の行動に責任を持った日です」





・ギャンブルで楽して儲けてやろうと揺らいだけど、自分の甘さを痛感した

・いろいろ自分なりに手を尽くしてパチンコを頑張ってみたけど、甘くない、手強かったなぁ

・回る台を探し続けて、1日10時間も打って、しかも安定しないなんて・・・自分には合わないよ

など、現実を直視して自らの非を認める部分があった、反省できた瞬間です。

もうパチンコは過去の話と割り切って、次のやりたいことに取り組みができます。





ずっと今まで目を逸らしてきたパチンコに費やしたお金、時間もすべて現実と受け入れた日です。

・「人のせいにはせず」

・「自分の尻ぬぐいは自分でする」

動機はどうあれ、その時は自分でパチンコを打つと決断したのだから責任を自分が取る。

これのどこが「恥」「負け組」「ダメ人間」なのでしょうか?

男の中の男であって、こんなに魅力があるカッコイイ人間ではないですか。

貯金がなくなっても人生勉強料、借金ができたって所詮数年で終わりますよ。






負けを認めた時から、人に対しても優しく寛容に接することができるようになります。

自分にも自信が持てるようになり、その魅力でおのずと人が寄ってきます。

年齢、性別、職業、言葉遣い、容姿などで人を判断しなくなります。

相手にも敬意を持つ事が自然にできるので、相手の気持ちを尊重できるようになります。

意味のない争い、競争にも参加する事もなくなります。

他にもまだありますが、これらは意識せずとも勝手にできているようになります。





世の中には、パチンコをやる奴はバカや借金がある事をあざけ笑う人もいますね。

ものすごいエネルギーで攻撃してくる人もいます。

しかしただそこで見下したり一蹴するのは「争いの火種」になると私は考えてます。

パチンコ嫌いの人もはっきり言ってしまえば、同じパチンコで手痛く負けた過去を持った人達です。

やるやらない、今は以前はと言っても経験自体はどちらも大差ない仲間みたいなもの。

パチンコを全く知らなくてギャンブルは嫌いな人もいますが、攻撃のエネルギーは全く別物です。

人一倍、パチンコに関わる人と接してきたので気持ちや心理はよくわかっているつもりです。





「私はパチンコの良い悪いの議論はしません」

同じ土俵に上がった瞬間、本質は正義vs正義なので決着が着かない争いが一生続きます。

傷つけるか、傷つけられるかだけの関係です。

集団になればなるほどエスカレートして、パチンコに関わる人は殺しても構わないまで行き着く恐れありです。

永遠に水掛け論、戦争と同じでどちらかが破滅するまで続きます。

やる人は自己責任でやっている、やらない人はやらない、ただそれだけの話です。

本当にタバコをやめた人がタバコ売り場に足を運びません。

本当に酒をやめた人が自ら酒屋になんか行きませんね。

そういう議論は労力をかけても意義あるものになると思わないからです。





私はパチンコが嫌いな人、遠隔だ詐欺だと言う人を見下したり非難をしません。

「対等」です。

実際、嫌いな理由は誇張も一部ありますが、本質はもっともな理由で共感できます。

パチンコが嫌いな人友人はたくさんいますし、私がパチンコをするのは知っています。

時にはパチンコの話も普通にします。

それが元で、友人としての価値や評価は一切変わらない人間関係です。

お互い「好き嫌いの価値観はあっても良い」と尊重しあっているからです。






・自分の思い通りならなかったから、相手が悪いと攻撃したり非難したりする

・イカサマ、詐欺だとパチンコに対して一生恨みを持ち続ける人生

・潔く過去の事と割り切って、振り返らず今やりたい事に向かう人生

・復讐のために、台を壊したり放火したりを正しい喜びとする事

・自分の決断に自信と責任を持てる人生

・自分を正当化し、負けた理由を人や物に当たり続ける人生

同じパチンコに関わったのに、今後の人生、考え方、行動が様々です。

私はどれも実際に経験してみて(放火はないです)、一番自分にとって良いと思うものを選択しました。





中にはこれはおかしい悪いものありますが、だからといって非難はしないです。

非難すれば、結果相手を攻撃して見下す事になるので、同じ穴の狢(むじな)、五十歩百歩なのです。

ただ言えるのは自分が良くないと思うことは、自分はやらないだけです。

パチンコについて売り言葉に買い言葉、どっちが正しい悪い、こんな話は何十年続いてますからね。

その時はそう本気で思っていても、いつか考えは変わる事があっても良いと思います。

間違えやすいのは考え方、行動は選択させられたのではなく、自分でどうにでも選択できるものです。

お互い最も平和な解決法があると信じています。





負けを認めるのも、悪い意味でのプライド、意地、見栄が邪魔してしまいます。

私は負けず嫌いと自負していたので、納得できるまで苦労しました。

結局は「負け」を恥と捉えて、他者の言葉に傷つくのが怖かったのだと思います。

気づくのも年齢、性別は関係ないのだと痛感しています。

「自分で決めた事は、どんな結果になっても責任を持つ」

ここに集約されると思います。





申し遅れましたが私はパチンコでの勝ち組なんかではありません。

20代でパチンコにハマリ、大きい借金を作り破産(債務整理)しています。

読んでもらえる方に不信感を与えてしまわないように、あまり書かないようにはしていますが。

トータル収支もきっとマイナス、勝っているパチプロ期より負け期の割合が多いです。

パチンコで儲かっている者の上からのもの言いではないのはご理解ください。





御覧いただいているのはほとんどパチンコを打つ方だと思いますが、

いつかは現実に向き合って考えなくてはいけない時が来ると思います。

私のように無理やりやめざるを得なかった場合と、自分の決断でやめるのでは全く別物なので。

そのために、今から心の準備をしておくのをお勧めします。

楽しんで打つ分には良いですが、気が付けばやめれなくなっていた話は非常に多いです。

「パチンコと心中だけはゴメン」ですね。





関連記事









<皆様へのお願い>
応援してくださる方、こちらのバナーを押していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 パチンコブログへ
パチンコの台選びや楽しみ方のヒントになる記事をご用意していますので、ブックマークよろしくお願いします。
疑問やわからない事、ご質問などありましたらお待ちしております。  


記事のタイトル一覧から探せるのでオススメ!
----------------->> 全記事一覧はコチラ <<-----------------



「負けを認める日」あなたの価値は絶対変わらないのタグ: パチンコ 負け 嫌い やめる
コメント
1573:Re: 心に刺さりました by 元店長:まつたけ侍 on 2016/10/06 at 23:17:53

> 心に刺さる文章でした。覚悟を持って読む人に訴えかける何かを感じました。
> 多分すぐに止めることはできないと思いますが、打てずに交通費をかけて店を移動しながら、回転足りない・スルー渋そうと思いつつ試し打ちしながら、いつも今まつたけ侍さんの今日のブログが頭に引っ掛かっていそうな気がします。
> あとどのくらい続けていられるのだろう…


こちらこそお声をいただきありがとうございます。
シビアに立ち回りされている方とお見受けしますので状況把握は完璧だと思います。
もう回る台がなくなって無理かなと判断した時でしょうかね。
それまではベストを尽くして頑張ってください。

1574:お疲れ様です by マサ on 2016/10/07 at 21:27:10

興味深い記事ありがとうございます。

将棋の試合や世界感がどんなものかよくわかりませんが、NHKでの対局を見ると負けても冷静に対戦相手と面と向かって駒を動かしながら戦局を振り返るのが凄いと思います。

そう出来るのは何故あの場面であの手をさしたのか等、次に戦う時のためにお互いの癖や心理を理解しないと腕が向上しないし、相手がいるから将棋が打てる訳なのでお互いに気持ちよく対局できるように敬意を払っているからだと思います。

怒って行ってしまった子は何故負けたのか理解していないので成長できていないし、勿論勝利した子も知勇を振り絞って勝利したのに侮辱を受けたのかと思うととても残念です。

パチンコにおいては相手が機械になるなので人間側が思考しない台の心理を読んだり理解することはできないし、いくら努力しても(~円以上投資したからすぐに当たってプラスにできるとかはないし)無駄なのである程度の節度を守って楽しめばよいと思います。

ヒトやモノと良い関係を築くためにはどんなヒトなのか、モノなのかをある程度個性や特徴を知っておくべきなのかなと思います。

1576:Re: お疲れ様です by 元店長:まつたけ侍 on 2016/10/08 at 00:30:09

マサ様、ありがとうございます。

個人的に武道や武士道の精神は素敵だなと思いました。
人間的に成長するというのは年齢は関係ないと感じました。
仰る通りパチンコはどうにもならない事の連続ですよね。
敬意(皆平等)を持てば、すべての人と良い関係になれると本気で信じてます。

1580:Re: Re: タイトルなし by 元店長:まつたけ侍 on 2016/10/10 at 00:13:20

> > ブログ主さま
> >
> > ご自身は今現在パチンコをおやめになられているのですか?
> > 文章内でパチンコを打つとあったり、やめざる得なくなったともあり、あなたがどちらの立場でこれをお書きになったのか判然としません。
>
>
ありがとうございます。
数年前までは、月25日フル稼働の専業でした。
現在は専業とは言えない趣味程度で打つ程度です。
ユーザーとしてパチンコで山あり谷あり、店長職も経験した人生です。
様々な角度から偏らないようパチンコ全般について書いています。(陰と陽の部分も)
そういった意味で特殊な立ち位置なので、ご指摘される事も少なくありません。
また他の記事も御覧いただいてご意見ご感想をお聞かせいただければ幸いです。

1583: by ハム on 2016/10/14 at 01:29:16

将棋のサイト検索してたら、こちらのサイトにたどり着きました。
将棋好きもパチンコ好きな人多いですよ。
棋力どのくらい何ですか?
ネット対戦してみたいです。

1584:Re: タイトルなし by 元店長:まつたけ侍 on 2016/10/14 at 17:15:02

ハム様、ありがとうございます。

将棋もパチンコと同じ勝負の世界なので共通点が多いです。
プロの勝負の姿勢、立ち居振る舞いに感化されて興味を持ちました。
棋力は体感的に3~4級ぐらいの初心者です。
ネット対戦はまだ敷居が高く、もう少し力をつけてからかなと思ってます。
その時は対局よろしくお願いいたします。

1585: by D6563 on 2016/10/22 at 10:36:22

非常に深い記事で何度も読み返してしまいました。

自身、ここ10年ばかり趣味としてのパチンコで連続してプラス収支を続けておりますが、この1、2年の動向を見ている限り、そろそろ潮時だと考えていた所なのです。

以前は多い時で20日/月くらい行っておりましたが、今月はまだ2回しか行っておりません。完全に0になるまではまだ時間がかかるかもしれませんが、プラス収支のうちにやめるのもアリだと思っております。

1586:今日保険屋さんと話していて思ったこと by 旅とも1番 on 2016/10/22 at 20:25:00

まつたけ侍さんお久しぶりです 今日保険屋さんの年に一度の定期訪問で話しているうちに自分が保険給付の対象となる保険事故だった事がわかったのですが、保険屋さん落胆する事なく小さな事でもどんどん相談して下さい。えっと一瞬思いましたが、考えてみれば保険料は事故のリスクの発生確率から決めているわけで私がどんな高額の保険給付をもらったからといって経営に影響を与えるものではないですよね。むしろ私が周囲の人に
話をすれば契約プラス。保険のお姉さんに損はないかと。パチンコも同じで釘調整で勝つ人の割合は予想出来る訳で。夢のない話で。そこを良台を打つ我々プロとあんたの違いと笑われそうですが。 ちゃんと見ています。参考になります。私はパチンコは趣味で気分転換でお金をかけずに楽しむ娯楽と思っていますしそうなると確信しています。

1587:Re: タイトルなし by 元店長:まつたけ侍 on 2016/10/23 at 02:54:08

D6563様、ありがとうございます。

パチンコの記事を書いていながらも現状を見つめると、私も同感です。
打てる台(期待値のある)があれば打つけれどといったところです。
10年前とは比較にならないほど渋く、遠い思い出のように感じますね。
縮小したのも時代の流れなのでしょうか・・・
何でもアリ?だったパチンコにまつわる昔話もまたしたいですね。

1588:Re: 今日保険屋さんと話していて思ったこと by 元店長:まつたけ侍 on 2016/10/23 at 03:28:11

旅とも1番様、ありがとうございます。

保険屋さんの例えがわかりやすくて良かったです。
(事故にあわれたのが心配でした)
ビジネス(商売)の仕組みですね。
パチンコも統計学を使って利益確保、還元を計算の元に営業しています。

パチンコは「夢のない話」、その通りですでに本質を見抜かれていますね。
すべて具体的な数字で表せる世界です。
勝つ人は勝つべくして勝っていて、負ける人は負けるべくして負けているのが本当のところです。
言葉は適切ではないかもしれませんが、パチンコはとんだ妄想ビジネスです。
時代は低玉貸しを求めてますし、レート的にも娯楽の範囲かなと思います。
私もパチンコは趣味で気分転換でお金をかけずに楽しむ娯楽、ここが理想の着地点と思いますね。

1589:1000円で何回まわる by いっちゃん on 2016/10/23 at 10:19:49

いつも真剣に読ませていただいてます。
ボーダー以上の台を打つ。これにこだわって打ってます。どうしてもわからないのが
1000円で20回回る時 10回も回らない時
同じ台で何故こういう事が起きるのでしょうか?

1590:Re: 1000円で何回まわる by 元店長:まつたけ侍 on 2016/10/23 at 15:18:53

いっちゃん様、ありがとうございます。

よくあるご質問ですね。
ビルの屋上から、地面にあるバケツの中へにリンゴを落とす感じです。
わずかな風の向きなどでリンゴは摩擦を受けるので、毎回狙っても落ちる場所は様々です。
それでも何万回も繰り返せば、風速何mの状態で成功率何%と、おおよその平均値が出ます。

パチンコの場合、風向きの役割は釘になります。
玉を打ち出してから、ヘソに到達するまでに10数回あちこちの釘、プラ版に当たります。
玉の勢いや回転も加わり、予測不可能な動きで重力で落ちていきます。
その途中で、「平均すれば」玉が右へ流れやすい行きやすい、行きにくいという振り分けを釘でしています。
100発打って100発すべて違う動きの玉です。
そんな予測不能な玉の動きでも何万発も打てばヘソに入る平均値出ます。(平均=¥1000で何個入る)

回りムラはあるのが普通です。
よく回っていたのに落ちてくるなどは、落ちたというより今までがムラでよく回っていたと考えるのが自然です。
その逆もありますが、下ムラでも打ち始めてみて回らないならすでにやめていますね。

本当は閉店後に回転率を集計するのが、正確な回転率が出ます。
それでは意味がなくなるので、営業中にどこかで予測を見切るしかないです。(回るであろう台)
それだけ¥1000で何回まわるかを把握するのは、難しいですね。
重力や摩擦といった物理的なものなので、遠隔や電圧はまったく無関係なものです。

1595:(´;ω;`) by タコ on 2016/11/05 at 18:19:54

私は遊びで1円パチンコです。おおきな勝負をするから金額と打ち方が違うのに呆れて1円ばかりです。まつたけ侍さんパチンコ辞めたのですか?

1596:Re: (´;ω;`) by 元店長:まつたけ侍 on 2016/11/05 at 21:44:39

タコ様、ありがとうございます。

そうですね、使う金額や釘の状態を考えると1パチがバランス良いです。
パチンコは打ってますよ。
ただ頻度が月に10回以下になってしまいましたが。
4円が渋すぎて打てないのが困ってますね。

1603:ありがとうございました by no name on 2016/11/08 at 21:30:34 (コメント編集)

こんにちは。今年の5月にパチンコを始め、まつたけ侍さんのブログを拝見し、実践してきました。その結果安定してプラス収支を継続することができました。本当にありがとうございます。もちろんプラス収支にするには沢山労力もかけました。
私個人としては小遣い稼ぎで今後も続けたいと思っていたのですが、家族の堪忍袋のおが切れてしまい(離婚の危機!?)、止めざるを得ない状況です。実際6月からは月間130時間打っており、ホール回りをする時間も含めるとそれ以上、毎晩23時過ぎに帰宅し、土日も朝から1人で出掛けてしまうという生活を半年間やってしまったわけです。相方がキレた直接の原因は土曜の夜に外食の約束をしたのに、デキ台を掴んでしまったという理由で約束を反故にしたことです。それは怒りますよね…
抜き差しならない状況になり、「パチンコは一切止める」と宣言してその日のうちに貯玉を全部引き揚げてしまいました。30万を越える札束を見て相方は「本当に勝ってたのね…」と少し驚いていましたが、続けていいよとは言ってくれませんでした。しかしあの貯玉を引き揚げる時の残念さはなんともいいようがないですね。顔見知りの店員さんに「あれ?全部交換ですか???」「ウン…」てな感じで、とても寂しかったです。
相方には一切止めると言ったものの既に依存症ですから、今日もホールに行ってしまいました。会員カードは没収されているため現金投資で1000円だけ(1円)… 流石に現金で毎回やらないとは思いますが、はっきり言って朝起きてもやる気が出ないし、仕事にも身が入りません。
なんとか週2回、土日は月1回だけでもやらせてもらえるよう相方にお願いしようか悩んでいます(そんなスタンスではおそらく月の収支は安定しないので、それもあって「一切やめる」にしたのですが、月1回の休日アテが外れたらどうするかとか(笑)
まつたけ侍さんにお礼を申し上げたかったのと、相談というか話を聞いていただきたくて投稿してしまいました。
場所よごし申し訳ありませんでした。

1605:Re: ありがとうございました by 元店長:まつたけ侍 on 2016/11/09 at 22:10:42

> こんにちは。今年の5月にパチンコを始め、まつたけ侍さんのブログを拝見し、実践してきました。その結果安定してプラス収支を継続することができました。本当にありがとうございます。もちろんプラス収支にするには沢山労力もかけました。
> 私個人としては小遣い稼ぎで今後も続けたいと思っていたのですが、家族の堪忍袋のおが切れてしまい(離婚の危機!?)、止めざるを得ない状況です。実際6月からは月間130時間打っており、ホール回りをする時間も含めるとそれ以上、毎晩23時過ぎに帰宅し、土日も朝から1人で出掛けてしまうという生活を半年間やってしまったわけです。相方がキレた直接の原因は土曜の夜に外食の約束をしたのに、デキ台を掴んでしまったという理由で約束を反故にしたことです。それは怒りますよね…
> 抜き差しならない状況になり、「パチンコは一切止める」と宣言してその日のうちに貯玉を全部引き揚げてしまいました。30万を越える札束を見て相方は「本当に勝ってたのね…」と少し驚いていましたが、続けていいよとは言ってくれませんでした。しかしあの貯玉を引き揚げる時の残念さはなんともいいようがないですね。顔見知りの店員さんに「あれ?全部交換ですか???」「ウン…」てな感じで、とても寂しかったです。
> 相方には一切止めると言ったものの既に依存症ですから、今日もホールに行ってしまいました。会員カードは没収されているため現金投資で1000円だけ(1円)… 流石に現金で毎回やらないとは思いますが、はっきり言って朝起きてもやる気が出ないし、仕事にも身が入りません。
> なんとか週2回、土日は月1回だけでもやらせてもらえるよう相方にお願いしようか悩んでいます(そんなスタンスではおそらく月の収支は安定しないので、それもあって「一切やめる」にしたのですが、月1回の休日アテが外れたらどうするかとか(笑)
> まつたけ侍さんにお礼を申し上げたかったのと、相談というか話を聞いていただきたくて投稿してしまいました。
> 場所よごし申し訳ありませんでした。


管理人のまつたけ侍です、ありがとうございます。

パチンコの「家族の理解」、かなり難しい問題です。
そのお気持ち、状況、とてもよくわかりますね。
同様の件で様々な方とお話してきましたが、内緒でパチンコを打っている方が思いのほか多いです。
負けていてのめりこんでいるわけではなく、勝っている事実がありますね?
私もかつて、勝っているのだから良いじゃないかと思っていました。

しかし女性は、それなら良しとはとらえないみたいです。
一時のお金より、家族の時間や愛情を大切にする方が多いですね。
私はずっと独身ですが、過去に犠牲にしてきて後悔しているものもあります。

パチンコへ行くのも、よく話し合ってお互いの「落としどころ」を見つけるしかないかも知れません。
行く時間は減りますし、ご存知のように時間をかけないと勝ちにくいのがパチンコです。
負けてもまた行きたくなり、勝てばなお行きたくなる・・・今更ですが怖いものです。

約束を破って怒った事、勝ったお金を見ても動じなかった、言い換えれば単なる損得勘定の間柄ではないという事です。
お二人はとても優しくて、良いお人柄が伝わってきます。
パチンコで首尾よくいっても対価はお金だけ、いろいろやってきて考えさせられるものがあります。
それでも、度が過ぎない程度のひとりの時間も大事ですね。
バランス良くパチンコと向き合って、心の奥には一番大切なものを忘れないでください。

トラックバック
トラックバック送信先 :

スポンサード リンク

ごあいさつ

元店長:まつたけ侍

前職はパチンコ店の店長
経験を生かし?パチプロに。

・ビギナーからプロまで
・パチンコの裏も表も暴露
・内容の濃い情報にこだわる

「もっとパチンコを知りたい」
「パチンコは勝てるのか?」

パチンコで必要な知識、立ち回りをすべて公開!
オカルト、嘘情報は斬り捨て。
他では手に入らない情報満載!

幅広いパチンコファンすべてが満足できるような、
「本当に役立つパチンコ情報」サイトを目指します。 債務整理

カテゴリ別

全記事一覧はコチラ

最近の記事

最新コメント

リンクについて

リンクはフリーです。 どのページもリンクに追加できます。
記事の転載はお断りします。

このブログをリンクに追加する


只今「相互リンクのみ」一時休止中です。 再開次第告知します。

amazon

計量カップ 最安値


パチンコグッズ

楽天市場

ランキング