≫≫ 全記事一覧はコチラ ≪≪ --- RSS購読

交換率を変える店、その意図










気が付けば交換率が変わっていた・・・




ここ数か月前から全国的に同じ現象が起きているかと思います。

ホールは何を考えてるの???

注:この記事は2012.10の内容です。消費税率変更時の記事ではありません。

交換率変更の最新記事は全記事一覧、最下部関連記事からどうぞ。





それにより、以前より回らなくなった、スロットの交換率が下がった(上がった)

なぜ交換率を変えるホールが増えたのでしょう?

それは、


「一物一価」(いちぶついっか) という、

何やら聞いたこともない言葉の影響なのです。





普段は耳にすることがない言葉だと思います。

「ひとつのものに対して、ひとつの価値」いう意味ですがピンときません。





ポイントはパチンコとスロットの交換比率についての話です。

(交換率とは⇒コチラ




「¥200」 の特殊景品を取る時です。(最小景品¥500の地域もあります)

パチンコで等価(25玉) = 50玉 必要です。

スロットで等価( 5枚) = 10枚 必要です。



・ 1玉4円なので、 4 × 50 = ¥200相当の景品と換えられる

・ 1枚20円なので、20 × 10 = ¥200相当の景品と換えられる


言い換えれば、「玉を50個」と「メダル10枚」は = 同じ価値なわけです。

比率で表すと、 5:1 です。

基本としてこれはOKですね。





話変わって、以前よくあった交換率の例で、

パチンコは3.3円、スロットは5枚(等価)の場合、

「¥200」 の特殊景品を取る時です。

 


「パチンコは60玉必要。スロットは10枚必要」




玉を借りた値段は・・・・ 1玉4円なので、 4 × 60 =¥240相当

メダルを借りた値段は・・ 1枚20円なので、20 × 10 =¥200相当


比率で表すと 6:1 

ここで少し問題が出てきます。





スロット(等価)だと10枚で交換できるのに、

パチンコ(3.3円交換)だと50個ではなく60個(240円相当)となる点です。





スロットは借りた時と同じ価値で換えられるのに、

パチンコは10玉多く出さないと¥200の景品に換えられません。

「不公平」だと思いませんか?

パチンコの方が少し損をしていると感じませんか?

そこでこの不公平をなくすために改善をします。





スロットの交換率を10枚で¥200のところを、

12枚で¥200に変更します。



玉を借りた値段は・・・・ 1玉4円なので、 4 × 60 =¥240相当

メダルを借りた値段は・・ 1枚20円なので、20 × 12 =¥240相当




「玉を60個」と「メダル12枚」

こうすればパチンコもスロットも同じ条件になります。

比率で表すと、60個:12枚 = 5:1   

先ほどの等価と同じ5:1の比率になりました。

これで「玉もメダルも同じ価値(比率)」になりました。





少しややこしい数字が出てきてわかりにくい方は、

「パチンコもスロットも同じ交換比率にしなさい」

との指導があったので、交換率の変更がなされたと思っていただければ結構です。





今後は交換率をパチンコ、スロット共に合わせなくてはいけません。

しかし以前から「スロットは高換金率」が主流です。

最高設定でも出玉率110数%の機種ばかり・・・

高換金率で使う前提の機種が多いような気がします。





私は関東在住なので高換金率のホールが多い傾向です。

この度(2012.10頃)交換率を変えたホールお共通点は、

「スロットに交換率を合わせたホールが大半」 です。





近所のホールは等価ばかりになった、

パチンコが以前より回らない、などはこの影響です。

これが深刻な客離れにつながっているホールも多いでしょう。

「やむなく変更せざるを得ない」でしょうね。

こういった時代の変化?にも対応しないとプロは食っていけません。

もちろん今でも守っていないホールはありますが、

等価交換が全国的に禁止の噂や規制も変わることもあるので、どうなることやら。





以上を踏まえて、今後パチンコとスロット交換比率が同じなるという事は・・・

どちらかの交換率がわかれば両方わかりますね。





25 玉(等価)  = 5 枚(等価)

27.5玉(3.63円) = 5.5枚

30 玉(3.3円)  = 6枚

35 玉(2.85円) = 7枚

40 玉(2.5円)  = 8枚

42 玉(2.38円) = 8.4枚

関連記事









<皆様へのお願い>
応援してくださる方、こちらのバナーを押していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 パチンコブログへ
パチンコの台選びや楽しみ方のヒントになる記事をご用意していますので、ブックマークよろしくお願いします。
疑問やわからない事、ご質問などありましたらお待ちしております。  


記事のタイトル一覧から探せるのでオススメ!
----------------->> 全記事一覧はコチラ <<-----------------



交換率を変える店、その意図のタグ: パチンコ パチスロ 交換率 一物一価
コメント
1925: by 盲目のパチンカー on 2017/10/28 at 19:11:53

初めまして、僕は、全盲ですが、よくパチンコを打ちに行きます。
近所の店で、10月11日から、交換率が、33玉から28玉交換に、変わりました。
この事について、どう思われますか?
最後に、誤字脱字が、あったらすいません。
携帯からの、コメントなので、きちんと届いているか心配です。
これからも、よろしくお願いします。

1926:Re: タイトルなし by 元店長:まつたけ侍 on 2017/10/29 at 01:23:03

盲目のパチンカー様、ありがとうございます。

交換率が高ければ高いほどギャンブル性が強くなります。
釘が以前より、¥1000あたり平均2~3回転渋くなり、大当り出玉や電サポ中の減りも多くなります。
以前より当たりにくくなるので、長時間持ち玉で出たり入ったりがしにくくなり、遊べるパチンコを求めるにはきつそうです。
もちろん、勝てば大きいのですが負け額も大きくなり連敗すればかなりの金額やられます。

ホール的に言えば、交換率を上げる変更は大規模な方針転換、最終手段とも言えます。
交換率を上げたら戻せない、もし下げれば95%が廃業という業界セオリーがあります。
皮肉なことに、交換率を上げると稼働(客付き)は上がります。
上がったのを維持できるか、瞬間的で終わるかは手腕にかかってくるのでしょうね。
ライバル店や新規店の兼ね合いもありますが、私は33玉交換ではやっていけなくなったとネガティブに感じます。
経営難や廃業前にこのような方針変換をする店は多くありますので。
私なら少し身構えて、その店で打つようにします。

お客さんの勝ち負けも、ホール的にもイチかバチかの変更なので注意が必要です。
しばらくは体感しにくいですが甘い調整が期待できるので、積極的に行きたいですね。
いずれは28玉交換仕様の回らない調整になるので、変化を冷静に見てみてください。

個人的にはパチンコは33玉交換ぐらいがちょうど良いと思います。
高換金店は同じパチンコとは思えないほど収支が荒れるので・・・
またいつでも気軽にコメントしてくださいね。

トラックバック
トラックバック送信先 :

スポンサード リンク

ごあいさつ

元店長:まつたけ侍

前職はパチンコ店の店長
経験を生かし?パチプロに。

・ビギナーからプロまで
・パチンコの裏も表も暴露
・内容の濃い情報にこだわる

「もっとパチンコを知りたい」
「パチンコは勝てるのか?」

パチンコで必要な知識、立ち回りをすべて公開!
オカルト、嘘情報は斬り捨て。
他では手に入らない情報満載!

幅広いパチンコファンすべてが満足できるような、
「本当に役立つパチンコ情報」サイトを目指します。 債務整理

カテゴリ別

全記事一覧はコチラ

最近の記事

最新コメント

リンクについて

リンクはフリーです。 どのページもリンクに追加できます。
記事の転載はお断りします。

このブログをリンクに追加する


只今「相互リンクのみ」一時休止中です。 再開次第告知します。

amazon

計量カップ 最安値


パチンコグッズ

楽天市場

ランキング