≫≫ 全記事一覧はコチラ ≪≪ --- RSS購読

パチプロの月収












パチプロの月収はいくら?

専業の方の場合です。




この金額が多いと見るか、安いと見るかは人それぞれでしょう。

そんな現実を赤裸々に公開。

少し熱く語りました。




まず私自身の2011年の平均月収は、

「約¥270,000-」 でした。




1年間の具体的な内容は、


・メイン機種は大海スペシャルMTE(三洋)

・40玉交換(移動、共有NG)

・1000円あたり24.5回

・電サポ中100回転で微増

・1日平均10.5時間稼働

・貯玉再プレーなし

・休日は月7日ぐらい、基本土日祝はパス

・月に6日ぐらいは高換金店へ

・タバコはすべて景品で取った(100カートン程?)

・スロは年2.3回

・基本は1人、月に何度か代打ちを雇う





がっつりパチンコを打った時期です。

今考えると、非常に良いホールでした。

釘調整にもメリハリがあり、客層も良かったです。

つまり「上手い人がいないホール」でした。






メインの「大海SP」の期待値は1日あたり¥21,000-

イベント狙いの他店は、結局¥12,000-ぐらいしかなかった記憶。

メインのホール以外は丸1日、試し打ちみたいな日が多かった。






海シリーズは時間効率が良いので、回せます。

計算上では10.5時間なら2200回ぐらい回せるはずなのに、

実際は1日平均1900回ぐらいの結果に。

多少早あがりもあったので妥当な数字かと。







月に24日稼働なので、タバコ分も合わせると・・・

1日平均¥12,000程

計算より、かなり少ない数字。







私の場合、携帯ツールなどで期待値を計算して

1万後半ぐらいあれば十分打つ感じで立ち回ってました。

電サポ中の増減もおおざっぱに計算したので妥当でしょうか。






ちなみに、スロットも打つ両刀使いの月収は、

「¥300,000ぐらい」 との事。


長時間並ぶのも平気で、データも詳細まで取るかなりの努力家。

「鬼武者」あたりから収支が荒れるようになったらしい。







続いてグランドオープン等があれば、県外でも平気で行く方。

前日から車で移動し、寝泊りもする。

フットワークの軽い40代のオヤジの月収は、


「¥300,000ぐらい」 との事。


もっと多いような気がしたが、稼働時間が少ないのか。







私の周りの専業は、月収¥300,000- ぐらいが多かったです。

自他共に認める専業の方なので、ウソはないです。

みなさん知識はバッチリ、朝からビッシリ打つような方達です。







少し特殊な方を挙げると、

代打ちを7.8人グループをまとめるボスは、

金額こそ教えてくれなかったですが、

「毎月、安定している」 と。

余裕の表情で言ってました。

ホールからは嫌われますが、一番効率が良いかもしれません。







以上が私の周りにいる、専業の月収です。

意外と少ないと思うかもしれませんが、これが現実。

わかってる方が見ればウソではない数字のはずです。






今のパチンコは、

日当¥20,000が限界 でしょう。

もちろん日によっては、もっと良い日当もありますが、

ならせば¥20,000がいいところ。






簡単に日当といっても、

「最低8時間以上稼働した場合の数字」


毎日、朝から夜までホールにいるようなもの。

そこまでして、日当2万という数字が現実味をおびてきます。






逆の言い方をすれば、1日3.4時間しか稼働できなければ、

良い台でも¥8,000がいいところ。

結局、長時間稼働することが絶対必要になってくるわけです。






仕方のない事ですが、一般の方は時間や休日に制限があります。

そこが専業との「大きな壁」になっています。

それでも副業で月に5万ぐらいなら現実にありえる範囲です。





「副業がてらにパチンコで月○十万」


「月に50万勝てるパチンコ」




など見た事があるかもしれません。

よく覚えておいてください。


「ウソです、ありえません!」




ゴトなら別ですよ。

統計学上、不可能な事なんです。

もっとも期待値計算がわかる人なら一目瞭然ですね。






この手の話は最終的に水掛け論になり、

答えは出ません。

でも真実は1つです。

私はパチンコをすべて知り尽くしたつもりです。

だからハッキリと言えるのです。






今の時代、情報が数多く飛び交っています。

真実もウソも自分自身で判断しなくてはいけません。







信じるか信じないかは、あなた次第です。



関連記事









<皆様へのお願い>
応援してくださる方、こちらのバナーを押していただけると更新の励みになります。
にほんブログ村 パチンコブログへ
パチンコの台選びや楽しみ方のヒントになる記事をご用意していますので、ブックマークよろしくお願いします。
疑問やわからない事、ご質問などありましたらお待ちしております。  


記事のタイトル一覧から探せるのでオススメ!
----------------->> 全記事一覧はコチラ <<-----------------



パチプロの月収のタグ: パチプロ パチンコ 月収 ゴト
コメント
251:パチプロ一年目 by トモプロ on 2014/03/28

2013年2月から12月末までの結果です。TO293,88 仕事量3382,115 収支3810,55
トータル平均s23,42 等価交換 これくらいが限界ですか?

253:Re: パチプロ一年目 by 元店長:まつたけ侍 on 2014/03/29

トモプロ様、ありがとうございます。

素晴らしい収支ですね。
私の知る中ではかなり上位、エリートクラスの戦績です。
平均sが突出しておりお見事の一言です。

今後の状態を考えると限界に近い数字かもしれません。
この先ひねりのような技術介入台が出る期待は薄いでしょうし、
増税の影響も不安が多いです。

最近のロングST機はどんな感じでしょうか?
私も含め知人も全く収束せず、ピンでは限界を感じている状態です。
また現役の方の貴重な意見もお待ちしております。

471:勝利の法則 by 丸天 on 2014/09/06 (コメント編集)

このサイトに出逢ったのは嬉しいことです。自分は自称セミプロです。ジャグラーだけで実戦を闘ってます。収支は今順調に推移してます。
勝つことよりまけないことを重視してます。実戦は閉店まで出来る時をメインにやります。主に土日です。最近の傾向として週末の方が設定が甘いような気がします。平日は試し打ちしか出来ない状態です。生計を営むのが目的のため観察にはかなりの時間を遣います。結果として数字に結び付いてるので安心してます。
自分は一台を粘って打たずに蟹歩き方式でコンスタントに勝ってます。データで見てるのは主に試行回数です。引きやすい回数の基準値を探りながら打つので掴むのが大変ですが掴めば確実に勝てます。日によって多少バラツキはありますが最終的にはある一定値に収束します。基準値を探るのが実戦の醍醐味ではないかと思います。

474:Re: 勝利の法則 by 元店長:まつたけ侍 on 2014/09/06

丸天様、ありがとうございます。

ジャグラーは甘く使う店が多く王道ですね。
確かに自分でお金を使って高設定を探すより、他人が打った履歴で探す方が効率的です。
スロット派の方は、周囲の台のアンテナが広く状況判断能力に長けている方が多いですね。
ぜひ頑張ってください。

478:勝つよりも大きく負けないこと by 丸天 on 2014/09/08 (コメント編集)

今週末ガチ実戦やりました。機種はジャグラーです。自分はジャグラー専門で立ち回ります。蟹歩きが出来るのと引きが弱ければすぐに軌道修正しやすいからです。朝一こそ一台最高で250枚まで投資しますがほとんどは50枚から100枚以内の投資で実戦してます。日曜日は朝一が引きが弱く午前中は1350枚まで最高投資がかさむという苦しい状況でした。これでも他機種よりはましだと思いますが。昼を過ぎると一週間前に出た台が空き台に。ここから切り返して夜にはプラス域に接近。その間不眠のため途中休憩に。夕方から急速に状況が好転。ジャグ連台をまたゲット。眠くなったので2回引いて台を空けることに。この日の確定回数の基準値は501回から547回がメインになる。昨日は500回台の台をメインに終日立ち回りました。夜の時点でマイナス300枚前後。あとひと頑張りでプラス域に。しかしここからが最大の難関。RBばかりで本命のBBが引けず。基準値を頼りに手堅く立ち回るもあと一歩で足踏み状態です。艱難辛苦を味わう。さて日々基準値はデータの状況により100ゲーム前後するので常に観察を心掛け狙いの回数を定めるようにしてます。お陰で的が絞りやすくなったのでマイナスは大幅に下がってます。あと注意してるのは100ゲーム単位での挙動変化です。ジャグラーは100ゲーム単位で挙動変化があるので小役とチェリーの動きは特に注視します。以上の点に注意しながら日々実戦やってます。最近の傾向として天井値が1000回転を上回ったのは数回しかありません。
1024回がジャグラーの天井値の基準とすれば妥当なラインと見てます。殆どが700回以内です。基準値が分かれば実戦は断然有利になります。攻めていいかどうかが瞬時に判定できるからです。当然触っていい台は限定されます。自分はそのお陰で最小限のマイナス最大のプラスを実現してます。勝つことはもちろん大事ですがそれ以上にマイナスを下げることは大事なのです。実戦で納得行く結果が出ないならプロセスを見直すことが勝利のヒントになると思いますが。

482:Re: 勝つよりも大きく負けないこと by 元店長:まつたけ侍 on 2014/09/09

丸天様、ありがとうございます。

「勝つよりも大きく負けないこと」
まさにその通りですですね。
どうしても勝ちに目がいってしまいがちですが、まず負けを減らすのが第一目標ですね。
一流ライターさんのように臨場感ある文章だと思いました。
ジャグラーファン向けにブログを始めるのもおすすめです。

484:無理をしない実戦 by 丸天 on 2014/09/09 (コメント編集)

実戦の展開は新台入替の日も収支は変動することはないのでは。月曜日もガチ実戦やりました。サラリーマン番長が入ったのでジャグラーの出玉は期待出来ないのではと思いましたが杞憂に終わりました。土日よりも展開は有利に。5回小役が回らなかったら移動する作戦に変更にしました。番長に客が集中したので夕方からの短時間実戦に専念しました。
未確定台が多数あり
まだチャンスがあると判断。その日は300回台が比較的引きやすかったので1時間観察した後実戦開始。
直近では1週間ボーダー(プラス域)を殆ど越えてなかった台にチャレンジ。いきなりダブルチェリーが入り小役が回り始めたのでガッツポーズ。50枚でBBをゲット。しかし単発に終わる。ここで諦めたらもったいないと考え即移動。初当たりが379回だったので似たデータの台を探すことに。夜8時を過ぎると実戦は急転。100回プラスαして探すと数台ゲット。回数はBB2回が限界。ただクレジット連チャンをしたので短時間で利益を確保。約900枚プラスになる。全体的には店の勝ちでしたがプロセスを大事にして勝利を確保しまし。初当たりの回数は後の実戦では台探しの手がかりになります。1台を粘らない方式なので短時間で優良台をゲットするには蟹歩きは断然有利だと思います。1日70回引いてもジャグラーでは獲得枚数が5000枚行くかどうかというのが通例なのでマイナス台のプラス拾いが出来るかが実戦のキーポイントになります。ボーダーラインがプラス域に達している台よりもマイナス域にある台の出し方が遥かに難しいと思います。データというのは不思議なものでスランプグラフが殆ど1週間マイナス台の方が波の変化が解りやすいのです。とにかく引こうと無理しないことです。1回転で引いたことを考えれば頑張ってはいけないと思いますが。ジャグラーの利点はチェリーが入って小役がリプレイしか入らない状態に変わりすぐ当選しなければ天井値はかなりあがるとすぐに判断出来ることです。5回転で捨てるのはそうゆうことです。収支を出して初めて実戦が意味を為します。回せば回すほど台の状態が逆時計回り(悪化)することがあるので。

488:攻め方にも変化球 by 丸天 on 2014/09/14 (コメント編集)

土曜日夜から1時間の実戦やりました。他機種に出玉を奪われ非常に厳しい展開に。ただ通常の土曜日よりは試行回数の把握が容易に。今回は500回台を基準値として100回転ずつずらす方式にしました。3段階下げた時点でヒントをゲットする。初当たりは283回。スランプグラフがボーダーを上回りまずまずの状態。ただ全部呑まれてまた移動。200回台に焦点を絞りまたヒット。しかしRB2回引いて途中で退席。回数を300回台まで上げて探すことに。
すると300回過ぎてすぐにBBヒット。マイナス部分のプラス拾いをする。0回で落として無事プラス域に。1時間で計7回引いて実戦終了。低回転域で引いたのは久々です。天井値狙いは周辺の状態を逐一観察しないと簡単に100回単位でズレるので
あまりやりたくないのが本音です。基本は5回転以内としてます。駄目と判断したら即移動。大事なのは勝利を継続することです。あとは戦略を柔軟に転換出来ることです。

495:勝利のプロセスとは by 丸天 on 2014/09/22 (コメント編集)

実戦をする方の目的は様々です。趣味で楽しむ、借金を返したい等あります。自分は借金を返すためにやってます。今こそ月単位でそれなりの収支が出るようになりましたが数年間は修業期間を経てます。設定1~2で実戦をしました。今思えばすごい糧になってます。機種はジャグラーで旧ジャグでした。今は旧ジャグを置いてる店舗は少なくなったのですが。週末に実戦をやるのは平日の動きに基づいて実戦が出来るからです。今では負けることが稀になったのですが。初当たりの回数を基準値としてデータと照らし合わせて最も近い台を選択してます。時間帯ごとの確定数の変化にも注意していれば勝率が上がります。メインはボーダーラインを下回ってるデータです。逆のパターンもありますがレベルアップには前者を率先してます。昨日の実戦ですが初当たりは363回で次は529回最後は134回と138回でした。BB先行でRBはきつい台ばかりでした。蟹歩き戦法のため数時間休憩を挟むことに。お客様の止め時を注視して勝利台をゲット。
傾向として130回転前後の台を最後は狙いました。実は最後の数回転を回し忘れるというプレイヤーの特性に着目すれば蟹歩きでも大勝出来ます。自分はこの戦法で勝ちをゲットしてます。楽に勝つのは工夫次第だと思います。


496:失敗は成功の母なり by 丸天 on 2014/09/23 (コメント編集)

平日実戦うまく行きません。土日のようにジャグで当たりが引けないのです。びっくりする位投資が嵩んで見事に負けました。25kに達する。当たりは3回しか引けず。惨敗です。敗因は打ちはじめのメンタルの狂いと投資条件を頑として変えなかったことです。投資条件を一台100枚を条件として台を変えるも全くヒットなし。初当たり時点で投資950枚。当たりは3回しか引けず。投資200枚の時点でパニック状態に陥って修正が出来なくなったのです。ここまでひどいのは極めてまれです。自分は勝ったことよりも負けたことばかり記憶に残ってるので負けそうな日に行くことがかなり減りました。今負け金額が大幅に減ってるのは平日実戦をやめ週末に集中してるからです。久々に行ってしまいました。ひどかったです。当たりが引けないのは投資条件が合わないからで必ずしも行った日が悪いとは限りません。ただ投資条件は実戦の基軸なので簡単には変えれません。ヒットするまでひたすら動き続けるので当然投資は嵩みます。日によって初当たりまでの投資額がバラバラなのは投資条件を自由自在に変えてないからだと思います。今最大の悩みです。とは言え負けることは情報の宝庫です。負けることで今までの自分自身の立ち回りを見直すことが出来ますし断然データに強くなります。ホールに通う回数(負ける日に行くことが)減るのは負けることで自己分析した結果なのです。自分が負けから学んだことで1番良かったのはデータを様々な角度から検証するようになったことです。おかけで最近は50枚以内でほぼ当たりが引けるようになりました。というより無駄に粘らなくなりましたね。昔は引くまでいくらでも回そうかと思いましたが最近は全くしません。たまには付けるまでやることはありますが自分の記憶では今年は数回しかないです。50枚打法は週末は有効ですが平日では効果が一定しないことが今回の負けで判明しました。対策としては時間に余裕があるなら一台500枚までは使おうかと思います。ただし天井狙いです。最低でも550回は回っていてほしいです。昨日も見てると投資条件を譲れば引ける台は結構ありました。50枚打ちに執着した結果です。理想的ですが常に希望条件で引くとは限りません。
故に結果がばらついてるんだと考えます。負けることはつらいですが自分が実戦の世界で勝ち組になるには最大の特効薬です。前向きに行きたいですね。

497:Re: 失敗は成功の母なり by 元店長:まつたけ侍 on 2014/09/23

丸天様、ありがとうございます。

同じ負けでも、運が悪かったと割りきってしまう人と、今後の糧と考えられる人では大きな差ができますね。
ただでは負けないという前向きさは同感です。

498:台が決まらない時は by 丸天 on 2014/09/24 (コメント編集)

今回は台探しに迷走した時について書きます。自分は週末を主軸にして立ち回りしてるんですがたまに台が決まらないことがあります。確定まで投資50枚以内で引ける回転域まで回っていてる台はいつもまれです。台が決まらない時にやるのが投資500枚覚悟ではまり台を回すことです。軍資金に余裕があることは前提ですが。普段は二千円以上は滅多に打たない自分でもパニック状態に陥ることを回避するためにたまにやります。今年は一回しかありません。この前実戦で失敗したのもほとんどがメンタルバランスの狂いによるものです。5回転回して駄目なら他の台に移動といっても何台も続けば精神的に焦ります。一台に集中することで精神的に安定して実戦すればその後の展開も有利になります。ただいいとこ一万円でしょうか?未確定の場合には最終試行回数を基に他の台を選択します。どうしてもこれぞという台が見つかるまでやらないという場合には未確定台の確定回数を見ながら台を探します。要はその日の
最大ハマリ回転数です。自分の経験では978が最高です。それを基準にデータを探します。ハマリ台が確定するということは全体の確率が上がり始めた徴候なので似たような回転数の台をさがして実戦をやります。未確定台を引ければその日の実戦勝率は格段に高まります。ただ回転数は日によって変わるので履歴間隔がゆるやかな台をメインに探します。驚いたのは未確定台の最大ハマリ回転数と自分が引いた回数が一致したことです。ある週末の土曜日の夕方のことです。
観察には最大の注意を払いますが見て得た情報は極めて精度が高いのです。あと試行回数の位置にも注視します。データは百回単位で切り替わるのですが切り替わる前後で確定すると連チャンがしやすいのです。そのジャグラーの特性を利用して実戦台を打つ場合があります。要は特定の領域だけを狙い打ちするわけです。この手法で連チャン台を幾度もゲットしてます。0回転でやめることもしばしばです。何度もオカマ掘られまくったことがあります。チェリーが入って数回転で入った時は高確率で継続してましたね。
ホール全体でジャグラーの島を観察すると着眼点一つで勝敗が左右されることに
奥の深さを痛感します。

506:9月勝ち越しました。 by 丸天 on 2014/10/02 (コメント編集)

皆さんのおかけで無事実戦乗り切りました。今年からは前年度にない立ち回りを駆使して負け金額を削る手法でやってます。自分がメインでやるホールの周辺にはライバル店が数店舗あります。メインホールに行く前に他店で千円回してから行くようにしたりいろいろです。実戦は投資ですからやる側としては一円でも少なくするべくプロセスを監視するわけです。自分が重視したのは実戦をやる曜日と一台あたりの最大
投資金額です。まれに負けることはありますが実戦の基軸なので投資金額だけは必ず守りました。最近は150枚を基準に結論を予想します。昨日も繰越金で実戦しましたがほぼ展開が読めてしまいました。自分は1店舗のみでやってるのでちょっとの状態変化でもすぐに気付きます。今年最も変わったことは変化に柔軟に対応出来るようになったことです。勝ってナンボですから熱くなるのは厳禁です。無理をしなくても必ずチャンスは舞い込んで来ます。無理矢理やってもダメな時もあります。ただ貪欲さは必要ですし常にチャレンジする前向きさは必須です。ホールで打ち続けることは全て自分の糧になります。負け金額を減らすにはうまく行った時の状況との比較と分析が必須です。まずは小役の回り具合です。理想的なのはいたずら回ししても引っ掛かることです。最初の三千円は必ずやりますね。その日の凹み具合やチャンスラインが把握出来るからです。中途半端に小役が回るとハマリ台を追う可能性あるため5回を目処に回します。自分が決めた範囲でヒットしなかったらまた他の方法を選択します。回りが悪ければ全体が凹み気味として退散することがあります。実戦は総合的に見ないと判断を誤り負ける日に仕掛けることがあるので観察と下調べは大事です。この数回回しはなかなか簡単には出来ないようです。元々は勝てる台を瞬時に発見するための方法でありパチプロの方がやるそうです。それでヒットしなければ退散の判断が早く出来ます。
退散とは言わなくても怪しいと察知出来るはずです。この怪しいと察知することが今後の負けの大幅なマイナスに繋がります。自分は今年平均のプラスは横倍です。ただマイナスは激減してます。自分はマイナスを減らすことを利益率を上げることよりも優先事項とします。諦めることをいかに早く出来るかが時には負けを削る最大のキーポイントになります。それは負けることで鋭敏になります。
前向きさが大事ですね。

508:時間が足りない by 丸天 on 2014/10/03 (コメント編集)

今自分が欲しいもの。それとは時間です。毎日閉店まで実戦が見れないのはつらいです。時間不足故にやってもきつい早い時間からやるしか無くなります。理想は夜20時前後から始めたいのですが今は諸事情により出来ません。店の出方やクセは誰よりも熟知してるつもりですがこれっきりは物理的に不可能です。ジャグラー専門でやってます。昨日も実戦やりましたが時間配分に苦しみました。引けないことはないんですが週末のようにさくさく進みません。自分のホールは流れが遅いので時間を待つ以外対処不能です。そこでやったのが例のちょろ打ちです。150枚でヒットないので最高1台100枚の投資に切り替えました。水曜日よりは初当たり(BB)が早くなりました。早めに察知することが出来た故に投資金額を550枚削減出来ました。時間制約がある以上自分で考えて行動するしかありません。
自分はマイナスは死を意味すると思います。店が強い時期や弱い時期があるのは確かですが自分の創意工夫で結果は改善出来ます。全て勝つことは出来ませんが。昨日もマイナスでやめましたが前日よりも改善したことを次に繋げたいですね。ただでは負けないという気持ちを大事にしたいですね。やっぱり負けは怖いしいやですからね。

509:何故引けない by 丸天 on 2014/10/03 (コメント編集)

安定して実戦で勝ちたい。何故結果がぶれるのかな?生活懸けてやってるのに。最高のノウハウ持っているのに。どうしてかな?

510:自分が実戦で実現したいこと by 丸天 on 2014/10/03 (コメント編集)

今の自分があるのは
全て実戦のおかげです。何度も断念しようとしましたが継続しました。収入を増やすことはもちろんですが人生の賭けで威力を発揮したいです。実戦をやりますとアンテナを張ることが多いので周囲の状況に敏感になります。ただしオカマ掘りだけはしません。
全体の状況から攻め方を変更することがあるのでその情報収集は時には決定打となります。パチプロは観察力の達人とのことですが自分もその姿勢は見習ってます。観察力は生きる上で必須です。のみならず実戦でも重要です。自分も観察力を昇華してますが結果にバラツキがあり
まだまだプロのようには立ち回れません。専らしてるのはプロセスの見直しです。負けの大部分は途中経過になんかしら問題があります。勝敗は神のみ知ってますがプロセスは自分の手中です。過程を再考することで負けを反省して次に繋がります。では何を具体的に再考するか?
熱くならなったか?
無理しなかったか?
以上の項目を再考するだけで実戦は断然有利になります。反省なくしてマイナスの大幅削減はないです。実戦を通じて実現したいこと。それは冷静沈着に実戦出来ることです。

トラックバック
トラックバック送信先 :

スポンサード リンク

ごあいさつ

元店長:まつたけ

前職はパチンコ店の店長
経験を生かし?パチプロに。

・ビギナーからプロまで
・パチンコの裏も表も暴露
・内容の濃い情報にこだわる

「もっとパチンコを知りたい」
「パチンコは勝てるのか?」

パチンコで必要な知識、立ち回りをすべて公開!
オカルト、嘘情報は斬り捨て。
他では手に入らない情報満載!

幅広いパチンコファンすべてが満足できるような、
「本当に役立つパチンコ情報」サイトを目指します。 債務整理

カテゴリ別

全記事一覧はコチラ

最近の記事

最新コメント

  • 元店長:まつたけより
  • 元店長:まつたけより
  • はむこより
  • 寅さんより
  • 寅さんより

リンクについて

リンクはフリーです。 どのページもリンクに追加できます。
記事の転載はお断りします。

このブログをリンクに追加する


只今「相互リンクのみ」一時休止中です。 再開次第告知します。

amazon

計量カップ 最安値


パチンコグッズ

楽天市場

ランキング